横浜市南区での外壁塗装、屋根上塗りと破風板補修

本日は横浜市南区で行った作業風景を掲載します。
担当の職人は一級塗装技能士の星野です。

前回、シリコン塗料で中塗りをした屋根の上塗りと、破風の補修がこの日の主な工程です。

横浜市南区での外壁塗装、屋根下塗りと中塗り・付帯部塗装

横浜市南区:屋根上塗りダメ込み

屋根鉄部の細かな作りの部分は、はローラーのみだと塗りにくいので、刷毛で丁寧に塗料を塗り込んで掠れや透けを出さないように仕上げます。

横浜市南区:屋根材補修

屋根材のひび割れは、コンクリートボンドをすり込むように塗布して補修。でこぼこしないように、平らにならしておきます。

横浜市南区:屋根の上塗り

細部を仕上げたあとは、ローラーで塗料をたっぷり塗ります。3度塗りの最終工程なので、より厚膜をつけながら、つややかに見栄えを整えて塗り上げました。
ローラーは縦横に転がして厚みが均等になるように。

横浜市南区:屋根上塗り途中

写真がぼけてしまいましたが、まだ上塗りの途中段階です。紫外線や風雨による傷みから保護するため、全体にしっかり塗膜をつけて完成です。

横浜市南区:破風板補修

横浜市南区:破風板補修2

ここでは破風板の補修をしています。穴が空いていたり、下端が欠けているところがあったためシーリング材を充てん。金ベラで平らにならして段差ができないように調整します。穴のあいたままで塗装してしまうと、耐久性や美観に影響が出てしまうので、塗膜を形成する前にきっちり修復することが大切です。

次回は破風や雨樋塗装を進めます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00