川崎で外壁塗装開始

今日から川崎市中原区にて作業開始です。

川崎で外壁塗装開始

といっても、今日は高圧洗浄なので、足場は数日前に建てています。
この現場はサイディングなので、シーリング(コーキング)の打ち直しの工事もすでに終了しています。

技能士&指導員の竹内は町田の現場が足場を取り払う前に、ひと仕事残っているということなので、洗浄は、2級塗装技能士のカズが一人で行いました。

職人紹介

この高圧洗浄ですが、現場によっては2人でやる時もあり、大きい住宅になると2台使って行うときもあります。

でも普通の大きさの住宅なら、一人でできます。
まぁ一人で作業するに少し厄介なのは、ホースが足場に絡みついてしまうことです。

通常足場は3段で家は東西南北の4面です。
上段から中段、中段から西に移動し、上段へそのまま南に移動して、そのまま中段、そして下段まで、今度は北面の上段まで上がり・・・
なんてしていると、足場にホースが引っかかるんです。

ホースは堅いゴムなので、引っ張ってもスルスルーなんてわけにはいかず、引っかかってる場所まで行って足場から話すようにしないとだめなんですが、一人でやるとこの作業だけでも、何十回と出てくるでしょうか。
二人の場合は、一人が手元でホース運びしてくれるので、ガン(水が出るノズルのこと)をもって洗浄だけに集中できるんですけどね。

ただホース運びといっても、引っかかりの作業以外のほとんどはホースを持っているだけなので、人件費の問題からいうと無駄がでます。
水洗いはひとりだから洗浄に差が出るなんていうことはないので、社長としてはできるだけ一人でやってもらいたいですね。

まだ現場にガンガン出ているときは、3階建ての鉄筋コンクリートの建物でも、一人でやってたので、二人なんて甘い!ってどうしても思ってしまうものですから。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00