川崎市宮前区での塗装施工事例、スチールと鉄部上塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日は川崎市宮前区の現場から施工風景をお届けします。
中塗りを終えているシャッターボックスに、さらに塗料を重ねて上塗りをします。
川崎市宮前区:シャッターボックス上塗り
川崎市宮前区:シャッターボックス上塗り後
四隅を先に塗り込んでから、ローラーで全面にシリコン塗料を塗布して、より厚みのある塗膜をつけていきました。外壁が美しく仕上がっているので、付帯部にも目がいきやすくなります。美観を向上させるためにも、フラットに艶やかに塗り上げました。
塗料は3分ツヤのものを使用しているので、ぴかぴかに光沢が輝くというよりは、落ち着いたツヤが出ています。お宅の雰囲気に合わせ3分ツヤ、5分ツヤ、ツヤ有りから塗料を選ぶことが可能です。水性の場合はツヤ消しもあるのですが、塗料が本来持つ、汚れ付着予防の性能が低下してしまうので、できるだけツヤのある塗料を使用した方がいいと思います。
川崎市宮前区:水切り塗装
川崎市宮前区:下屋根鉄部上塗り
次は水切り部分の仕上げに入りました。幅が狭いので、小さな刷毛を使用して塗料をたっぷり乗せていきます。外壁との境界に塗料が付着しないように、慎重に、かつリズムよく刷毛を動かして仕上げ。ハケ目を出さないためには、刷毛は軽く持ち、一度のストロークをできるだけ長くして塗っています。
同様に、下屋根の鉄部も刷毛で厚膜に塗り上げていきました。厚みのある塗膜で、鉄部を紫外線や風雨からしっかりと保護させます。
ベランダ手すりの笠木はローラーで平滑に仕上げています。
川崎市宮前区:手すり笠木上塗り
写真でも塗料がふんだんに乗せられているのがおわかりになると思います。これを、ムラにならないように全面に広げて、均等な厚みになるように。部分的に厚膜になっても耐久性に影響が出てしまうので、可能な限り厚みを一定にすることが求められるのです。
シャッターボックスや鉄部の塗装を終え、以上でこちらのお宅の施工が全て完了となりました。
こちらの現場の記事一覧
川崎市宮前区:養生、庇上スチール・鉄部中塗り
川崎市宮前区:外壁クリヤー塗装2回目、破風・樋上塗り
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top