横浜市旭区での外壁中塗り・上塗りと付帯部塗装

本日は横浜市旭区の現場から施工風景をお届けします。
担当した職人は山之内と曽根カズの2人です。

前々回に下塗りまで進めた外壁の、中塗りから作業開始です。

横浜市旭区での外壁塗装施工事例、下・中塗り、屋根上塗りダメ込み

横浜市旭区:ベランダ外壁中塗り

横浜市旭区:ベランダ外壁中塗り後

横浜市旭区:外壁中塗り

3分ツヤのシリコン塗料を毛足が長めのローラーでくまなく塗布していきました。サイディングの目地や模様内にしっかり塗料を付着させるため、そこにフィットするローラーで塗り込んで塗膜をつけていきます。

横浜市旭区:軒中塗り

外壁の塗装を終え、次は軒の中塗りを進めました。溝の深い目地も塗り込み、全体の塗膜の厚みが均等になるように塗布しています。

軒の中塗り後、充分に時間を置いた外壁に上塗りを重ね、より塗膜の厚みをつけていきます。

横浜市旭区:外壁上塗り

横浜市旭区:外壁上塗り2

横浜市旭区:外壁上塗り完了後

給湯器のパイプなどがあるところは、小さめのローラーで塗料を塗布。塗装をするときは、場合によって変化することもありますが、樋の裏側や窓枠周りのような細部を仕上げてから(ダメ込み)、全体に塗り進めていきます。そうすることで塗り落しや掠れを防ぎつつ、スピーディーに塗装を行っていくことができるのです。

塗膜の厚みを付加して、雨風や紫外線から外壁を強固に守ってもらいます。

横浜市旭区:樋上塗り

横浜市旭区:樋上塗り2

雨樋はハケ目が出ないように、塗料の含みのよい短毛ローラーでフラットに塗り上げます。光沢は抑えられていますが、つるつると滑らかな仕上がりになりました。

次回は外壁上塗りの続きと、屋根の上塗りに入ります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top