横須賀市での塗装工事、外壁下塗りと樋・軒塗装

今回は横須賀市久里浜の現場から塗装工事の様子をお送りします。中心となって施工を進めたのは一級塗装技能士の川口です。

まずはサイディング外壁の下塗りからスタート。

横須賀市久里浜:外壁シーラー下塗り

横須賀市久里浜:外壁シーラー下塗り2

浸透シーラーを塗布して、下地と塗料の密着力が向上するように塗装していきます。この材料は透明なのですが、塗布した面はしっとりと濡れたような質感になっているので、色も変化したように見えますね。これから濃厚塗料をたっぷり塗布して塗膜をつけていくので、剥がれにくく長持ちさせるためにすみずみまで入念にシーラーを行き渡らせました。

次は雨樋の下塗りへ。ミッチャクロンという名前のプライマーを塗布していきます。

横須賀市久里浜:プライマーのミッチャクロン

横須賀市久里浜:樋の下塗り中

横須賀市久里浜:樋の下塗り後

名前から想像がつくかもしれませんが、こちらも下地と塗料の食い付きをよくする材料です。雨樋のような塩ビ管、サビの出ていない雨戸などによく使用されています。

刷毛で上から下へくまなく塗布して仕上げています。この状態でもすでにツヤツヤとした光沢が出ていますね。

横須賀市久里浜:樋の中塗り

次は下塗りの乾燥した樋の中塗り。細部は刷毛で塗り込んでいますが、全体には塗料の含みがよく飛散の少ないローラーで塗膜をつけていきました。刷毛でもきれいに塗ることは可能ですが、ローラーの方がより平滑に美しく仕上げることができます。

横須賀市久里浜:軒の中塗り

先回、下塗りを終えている軒は中塗りを開始。

横須賀市での塗装工事、軒と破風下塗りで塗装長持ち

ケンエースという、シミやに優れている塗料を塗布しています。作業をしているのは、いつも笑顔を絶やさない職人・山之内。横に塗料を広げ、ある程度の所で縦にも転がして塗料が均一に付着するように仕上げていきます。

横須賀市久里浜:軒の中塗り完了後

こちらが中塗りを終えた軒です。1回塗布しただけで、少し黄ばんだような汚れが付着していた状態から真っ白に塗り上がりました。スッキリと美しく仕上がっています。

横須賀市久里浜:樋の中塗り後2

横須賀市久里浜:樋の中塗り後

雨樋も艶やかに中塗りが完了しました。軒には、外壁塗装に控えてマスキングテープを貼っています。塗料が余計な箇所へはみ出さないように、そして、塗り分け線がきれいに出るように養生しました。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top