横浜市旭区での塗装工事、雨戸・付帯部塗装と下屋根下・中塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市旭区の現場から、塗装工事風景を掲載します。
職人は一級塗装技能士の星野と、曽根カズ、作田の三人です。
まずは雨戸のケレンから開始。
横浜市旭区:雨戸ケレン
下地を擦って研磨傷をつけることで、ツルツルの鉄部に塗料の引っ掛かりを作ります(目荒しと呼ぶことも)。サビが発生している場合は、それらも取り除いていきます。下地と塗料の密着力を高め、塗膜を剥がれにくくするための下準備です。
今回は大き目のナイロンたわしを半分に折って使用。
横浜市旭区:雨戸テープ養生
横浜市旭区:雨戸養生後
全体を擦り終えたら、マスキングテープで養生をします。雨戸の枠は塗替えしないため、塗料が付着しないようにあらかじめ予防しておくのです。また、塗り分けのラインを真っ直ぐに仕上げるための養生でもあります。
前回、中塗りを終えた雨樋は上塗りに入りました。
横浜市旭区:樋上塗り
これまでにつけた塗膜に、より厚みつけながら、ハケ目を出さないように塗布していきます。フラットに仕上がるととてもきれいですからね。スナップを利かせながら刷毛を動かしていきました。
養生後の雨戸は下塗りをします。
横浜市旭区:雨戸下塗り
横浜市旭区:雨戸下塗り後
塗装しやすいように、雨戸は取り外して壁に立てかけました。下塗りに使用しているのは塗料の密着性を高めるプライマー。サビの発生が見られなかったので、今回はサビ止めではなくこのプライマーを選択しています。端の方は刷毛でつつくようにしながら、全体にまんべんなく塗り込んでいきました。
次は下屋根の施工に移ります。
横浜市旭区:下屋根シーラー下塗り
横浜市旭区:下屋根シーラー下塗り2
まずは下塗りとしてシーラーを染み込ませるように塗布していきました。屋根材の強化をしながら、塗膜を剥がれにくくする接着剤のような役割を果たします。
横浜市旭区:下屋根中塗り
横浜市旭区:下屋根中塗り後2
シーラーが乾燥後に、シリコン塗料で中塗りをしていきます。下屋根全体にたっぷり塗布して塗膜の厚みを形成。塗り上がったところは、ツヤツヤとした光沢が現れていますね。
外壁と鉄部の際や、隙間が一部塗れていませんが、上塗り前にそちらも塗り込んでいきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top