横浜市旭区での屋根塗装、下屋根上塗りでキレイな光沢

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市旭区の現場から塗装風景をお送りします。
まずは刷毛でダメ込みから開始。
横浜市旭区:下屋根ダメ込み
塗装面の境界はマスキングテープで養生をすることもありますが、貼れない箇所には刷毛のみで線出しをしていきます。塗料をしっかり乗せつつ、壁際ギリギリのラインで仕上げ。塗布面がフラットになるように刷毛は軽く持ち、ストロークを長くして塗り上げました。
横浜市旭区:下屋根目地ダメ込み
鉄部を塗布し終えたあとは、屋根材の目地を塗り込みます。こちらの屋根はカラーベスト・アーバニーという屋根材の一枚一枚に目地がついた、ウロコのような形状になっています。
ローラーのみでは塗りにくいため、最初に細部を仕上げてから全面塗装をして塗りムラや掠れを防ぎました。
横浜市旭区:下屋根上塗り完了後
横浜市旭区:下屋根上塗り完了後2
下屋根の上に乗せていた足場ジャッキは持ち上げて作業しています。今度はローラーに持ち替え、全体に塗料をくまなく重ねて塗膜の厚みをつけていきました。3度塗りすることで、より光沢も増してきれいな輝きが現れる仕上がりに。
こちらでの塗替え工事も、残す所あとわずか。次回は雨戸の仕上げに入ります。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top