横浜市戸塚区での塗装工事、屋根と軒裏中塗りで遮熱効果アップ

本日は横浜市戸塚区で行った塗装風景を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の竹内が中心となり、施工。

前回、遮熱塗料・サーモアイの専用シーラーを塗布した屋根の中塗りに入ります。

横浜市戸塚区での屋根下塗りとシリコンに逆プライマー塗布で塗装長持ち

横浜市戸塚区:屋根中塗り中

色はクールローズブラウン、淡い色味の赤茶といったところでしょうか。
雨押さえとの境目や、雪止め金具のような鉄部を先に塗り込んでダメ込みをしました。塗りにくい部分をあらかじめ仕上げておき、塗り落しや掠れを防いで、全体に均等な厚みの塗膜がつくようにしていきます。

屋根材の全面にはローラーを縦に転がし、次に横にも転がして塗布ムラを出さないように仕上げ。中塗り段階ですが、鉄部は映り込みが見えるくらいに光沢のある状態になりました。
最後に上塗りを重ねて、より遮熱効果の発揮する厚膜に仕上げていきます。

横浜市戸塚区:軒中塗りダメ込み

横浜市戸塚区:軒中塗り

軒裏も中塗りをしています。
まずは刷毛で四方をダメ込みして、隙間やローラーの入りにくいところを塗り込んでおきます。その後、ローラーで全体にしっかり塗料を行き渡らせて塗膜を形成。
色はほんのりクリームがかった白系の色を使用しているため、全体に塗られていくと、軒とその周囲がぱっと明るくなったような印象になりますね。

ローラーの真下にいると塗料が飛び散り、目に入ることもあるため、少し斜め辺りの位置から塗布している竹内。場合によってはゴーグルを着用して、完全にガードすることもあります。

軒の中塗りが完了したので、次回は外壁の塗替えに入っていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top