横浜市戸塚区での塗装工事、屋根と軒裏中塗りで遮熱効果アップ

本日は横浜市戸塚区で行った塗装風景を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の竹内が中心となり、施工。

前回、遮熱塗料・サーモアイの専用シーラーを塗布した屋根の中塗りに入ります。

横浜市戸塚区での屋根下塗りとシリコンに逆プライマー塗布で塗装長持ち

横浜市戸塚区:屋根中塗り中

色はクールローズブラウン、淡い色味の赤茶といったところでしょうか。
雨押さえとの境目や、雪止め金具のような鉄部を先に塗り込んでダメ込みをしました。塗りにくい部分をあらかじめ仕上げておき、塗り落しや掠れを防いで、全体に均等な厚みの塗膜がつくようにしていきます。

屋根材の全面にはローラーを縦に転がし、次に横にも転がして塗布ムラを出さないように仕上げ。中塗り段階ですが、鉄部は映り込みが見えるくらいに光沢のある状態になりました。
最後に上塗りを重ねて、より遮熱効果の発揮する厚膜に仕上げていきます。

横浜市戸塚区:軒中塗りダメ込み

横浜市戸塚区:軒中塗り

軒裏も中塗りをしています。
まずは刷毛で四方をダメ込みして、隙間やローラーの入りにくいところを塗り込んでおきます。その後、ローラーで全体にしっかり塗料を行き渡らせて塗膜を形成。
色はほんのりクリームがかった白系の色を使用しているため、全体に塗られていくと、軒とその周囲がぱっと明るくなったような印象になりますね。

ローラーの真下にいると塗料が飛び散り、目に入ることもあるため、少し斜め辺りの位置から塗布している竹内。場合によってはゴーグルを着用して、完全にガードすることもあります。

軒の中塗りが完了したので、次回は外壁の塗替えに入っていきます。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top