庭と車庫までほぼ新築に戻ったサイディング塗装とアルミ調ウッドデッキ

サイディング壁がだいぶ劣化して退色やカビ汚れが目立ち、チョーキングも発生していました。
目地のシーリング(コーキング)もひび割れを起こしており、シーリングの打ち直し&増し打ちも行いました。

サイディングのシール工事

現場は狩場インターに近い保土ヶ谷区。

ウッドデッキが素敵なお宅なのですが、木製であるウッドデッキが半分腐食していましたので、その交換修理を含めての塗装です。
ウッドデッキを解体→足場→塗装→足場解体→ウッドデッキ取り付けという工程です。

正確には、腐食することがないアルミ製のもので取り付けです。

家自体の塗装は外壁、屋根ともにシリコン系の塗装を施しました。
窯業系の破風板の欠損をパテで補修、目地と窓周りはいつもどおりシールの打ち直し&増し打ちです。

遠目から家全体をみると、アルミ木目調ウッドデッキと外壁の色のバランスがマッチして、とてもいい感じに仕上がったと思います。

シールの交換前後と外壁塗装

今回は一般的なサイデイングの塗装方法として一番多い「べた塗り」という塗装方法です。

サイディングの外壁塗装

外壁補修

サイディングと車庫周りのコンクリート塗装と言えばこちらの事例も参考になると思います。

外壁サイディングの2色の色分け塗装とコンクリート打ちっぱなしの擁壁塗装

アバター
神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top