サイディングの外壁塗装

サイディングの外壁塗装

サイデイングは技能によって品質が大きく変わる外壁塗装のひとつでもあります。サイディングの耐久性で一番重要なシール工事をシール専門職人が行いながら、塗装は一級塗装技能士が施工するという一番最上の組み合わせの施工をさせて頂いております。塗装業界全体ではシールは塗装の職人が兼用で行う工事も少なくないですが、シール専門職人は専用の道具で耐久性のある2液成分形を使い、後々の目地の割れや肉やせを防ぐためのボリュームで肉厚シーリングを可能とします。

サイデイング種類別の塗装

通常塗装

意匠性がないサイディングに行われる塗装でほとんどの家の場合がこの塗装です。
通常塗装の詳細は通常塗装ページをご覧ください。

2色塗装

タイル調や柄模様などの場合、もちろん通常塗装のように1色塗りの塗りつぶしにて仕上げる事もクリヤー塗装も両方出来ますが、柄模様を活かしたい場合など調短毛のローラーを使用して柄模様をつぶすことなく一級塗装技能士が匠に仕上げることもできます。
2色塗装の詳細は2色塗装ページをご覧ください。

クリヤー塗装

現状の模様を活かすためには2色塗装よりクリヤー塗装が主流です。一般のクリヤー塗装ではシールに紫外線が当たるとシールにダメージがあるので、紫外線からある程度防御するUVプロテクトクリヤーのシリコン系及びフッ素系の塗料で塗装をするのが通説になっていますが、塗料の品質や種類の問題ということよりも目地シールと塗料との密着性ということを考えれば、先打ちではシールの上に乗った塗膜が数年後に剥離しやすいため、耐久性を一番に考えると後打ち施工が最も良い選択方法と言えます。
クリヤー塗装の詳細はクリヤー塗装ページをご覧ください。

ツートン塗装①

例えば1階がクリヤー塗装で2階が通常塗装のように、1階と2階とで色分けする塗装方法です。塗り分けは基本外壁に帯板がない場合は色の区分けをすることができないため、この塗装方法はできません。
例外としてはサイディングの種類の模様違いの区分けをすることも可能です。

ツートン塗装②

1階と2階が帯板で区別されている外壁のツートンカラーです。
ツートン塗装の詳細はツートンページをご覧ください。

サイディング外壁材の模様と形状

スタッコ調

タイル調

モエンアート調(石目調)

レンガ調

ドイツ貼り

サイディングの様々な種類

窯業系サイディング

サイディングの塗り替えといえばこの種類です。メーカーとしてはニチハの外壁材が有名です。セメントと繊維質を圧縮して作られたボードです。基本横張りのボードで外壁の模様種類も、タイル模様やレンガ模様、塗装吹き付け模様など様々な意匠性あふれたデザインがあります。形状もドイツ貼りという洋風のイメージが強いものもあります。

アルミ(ガルバリウム)サイディング

塗装の代わりにメンテナンスフリーという名目の外壁リフォームとして、一昔TVCMでも有名だった「ぱっとサイデリア」という製品を知っている方も多いのではないでしょうか。アルミの板に 硬質ウレタンフォームを一体化させたサイディングでとても軽量のため家にかかる負担も少ないということで一時流行りました。ただ高額なのといずれにしても付帯部の塗装メンテンナスがそのうち必要になるということがわかり衰退していきました。当社にも今てもアルミサイディング貼り自体の工事依頼をたまにご相談をお受けしますがお勧めはしていません。

スチールサイディング

アルミサイディングのスチールタイプです。ちなみにスチールサイディングを施工した上から塗装をすることはあります。

長持ちする方法

  • 工事全体としては塗装は一級塗装技能士、シーリングはシール専門職人が、それぞれの工事を集中して行うため質のいい塗工事が完了できます。
  • 過去にも経験がありますが、単に洗浄するだけでなくチョーキングが激しいと後々の塗膜剥離の原因になるためよく洗い流す。
  • シール材は外壁塗装に、一番最適なノンブリードウレタンやの2液成分形を基本使います。上に塗装をしない場合は変性シリコンも可能ですが、塗装との密着性のリスクがあります。実はシール専門職人が塗装に最適で一番使うことが多いのが、ノンブリードウレタンの2液成分形です。オートンイクシードなどの次世代シール材も使用可能です。
  • レンガ調やタイル調などの意匠性のある化粧サイディングボードでクリヤー仕上げの場合、後打ち施工を致します。
  • 温度差によってシールに動きがあるので、その動きについていける弾性系の下塗りを塗るのも一つの方法です。
  • カビ・よごれの防御を中心とした最適で実績のある塗料を選んで施工しています

サイディング塗装における症状

カビ・汚れ・色あせ・柄落ち

外壁の周りに植物が生い茂っている場合、外壁にはカビの原因にもなる胞子が付着しやすくサイディングにもカビが発生します。
カビ・コケ・汚れの除去

チョーキング

白い粉のようなものが手についたらそれはチョーキングです。外壁の中でもチョーキングによる塗膜剥離などのトラブルに特に注意しなければならないのがサイディングです。塗装をしてもチョーキングが塗料の密着を妨害して後から剥離してくるトラブルになることがまれにあります。
チョーキングの修理・補修

シール

築10年もするとサイディングの継ぎ目である目地や窓サッシ回りのシールも劣化していきます。劣化症状にはシールの肉痩せ、サイディングボードからの剥離、ひび割れなどが見られます。目地の底部にあるハットジョイナーの施工不良による影響やシール自体のボリューム不足による肉薄のシールも劣化の原因です。

クラック(ひび割れ)

主にサイディングボードを取り付け固定しているビスや釘回りや窓などの開口部などからクラックが入ることが多いです。サイディングの劣化の種類の中でクラックはモルタルよりは少ないといえます。
クラック(ひび割れ)の修理・補修

サイディングボードの反り返り

経年劣化と共に熱膨張の影響で弓なりに反っていく現象です。まれに外壁の下地木材である胴縁の影響で新築から反っているようなものもあります。
サイディングボードの反り返りの修理・補修

爆裂

非常に稀な現象ではありますが、サイデイング内部に染みた水分が凍結して爆裂を起こしたり、藻などが生育発生してサイディングの表面を持ち上げる現象があります。
爆裂の修理・補修

サイディングの修理・補修

カビ・コケ・汚れの除去

稀にサイディングにリシンなどの吹き付けをしている外壁を除いて、通常のカビや汚れは高圧洗浄でさっぱりと除去できます。

チョーキングの除去

サイディングは他の外壁に比べて表面がツルツルとしたものが多いためチョーキングも顕著の場合も少なくなく、後々の塗膜剥離を防止するため高圧洗浄の際はよく洗浄することも肝心です。ただ念入りに洗浄をしても取り切れない場合もあります。チョーキングは塗装膜自体の劣化なので塗膜層的にはどこからどこまでチョーキングを起こしているかという程度の劣化を知ることができません。従ってチョーキング劣化がひどい場合は念入りに高圧洗浄をしても取り切れるものでもないので、極力念入りに洗浄をした後は、フィラーやサフェーサーなどの微弾性な下塗り材よりも、チョーキングに対抗できるような下塗りシーラー塗料を厳選して密着度を高めた施工をすればはがれるなどのトラブルに見舞われることは無くなります。

クラック(ひび割れ)の下地処理

プライマーを塗布してシール材にて補修をします。あまりにもクラックが多い場合や年数が経過しすぎてサイディングの強度が低下している場合は、大工を入れてサイディングボード自体の貼り替えをすることもあります。

サイディングボードの反り返りの直し(湾曲修正)

新たにビスを打ち直して反りを直します。サイディングの反りの反発力はすごいのでビスを打つ場所とかずも耐久性を得るポイントとしては重要になります。

爆裂補修

サイディングの爆裂は関東南部の東京や神奈川では非常に稀な現象のため場所も極めて部分的なのでシール材にて補修をします。

貼り替え

いかなる補修も叶わない時はサイディングの貼り替えです。但し築年数の家によっては同じ柄模様のサイデイングは生産中止になっている場合もあり、その場合は似たような種類のサイディングになってしまう場合もあります。

サイディングのシール工事

サイディング塗装におけるメイン工事がシール工事です。シール工事の施工の方法には2種類あります。
①塗装の職人が兼業する施工
②シール専門職人による施工
施工コストを抑えるには塗装の職人が兼業する施工という選択もできます。 ただ当店ではサイディングの外壁の耐久性はシール工事にあると言っても過言ではありませんので、より見た目の美しさと耐久性を追及いたしますので、専門シール職人が必ず施工をするという形を取らせて頂いております。
シールにはいくつかの劣化の現象があります。サイディングのシールの劣化状況を見てみましょう。

肉痩せ

剥離

ひび割れ

サイディングシール施工方法


増し打ち
増し打ちと打ち替えの2通りがあります
増し打ちとは、現状のシールは撤去せずに今のままその上から新たにシール材を注入する方法です。打ち替えとは、古いシール材をカッターで全面撤去して新しく注入する方法です。
基本はこの施工ですが、まだまだ打ち替えをせずそれほど費用を掛けなくとも全然耐久性が見込めるという部分に対しては増し打ち施工にすることもできます。
多くの場合で目地や天井と外壁の取り合いは撤去打ち替えで窓サッシ周りについていえば増し打ちで十分耐久性を確保できることも少なくありません。目地内部のハットジョイナーの影響で肉厚が確保できない場合はブリッジ工法も可能です。また打ち替えの場合ハットジョイナーにボンドブレーカーが施されている場合は2面接着になります

撤去した旧シール材

目地の施工

窓サッシ回りの施工

開口部の施工

外壁と軒の境の施工

笠木等補修シールの施工

先打ちと後打ち施工

先打ちとは塗装をする前にシール工事をすることです。

後打ちとは塗装をした後にシール工事をすることです。

クリヤー塗装と塗膜が剥離した状態

シール専門職人による目地シールの色合わせ

シール工事は先打ち施工がほぼを占めますが、シール工事をした後から塗装をしなければシールの部分だけ露出して色が外壁前面に統一とならないからです。一方で後打ち施工はクリヤー塗装の場合にも施工することが多いです。クリヤー塗料というのはシールとの密着性に劣ることがあるため、もし先打ちをしてから塗装をした場合数年後に塗装がシールと剥離してしまう可能性が高くなるからです。ただクリヤー塗装の場合は柄の意匠性をそのまま活かしたサイディングの種類に限られるため、目地シールの色を柄に合わせる必要があります。

シール材の使用
  • ポリウレタンシール

  • 変性シリコン

  • オートンイクシード

シール材にはそれぞれノンブリードタイプでポリウレタンから変性シリコン、オートンイクシードという最新のシール材などを施工方法の違いによって使い分けています。基本的に塗り替えに相性が良いのは塗装との密着性が抜群のウレタンです。一方で変性シリコンの方が価格も若干高いためウレタンより性能が優れているとも言われますが、シール専門職人たちが耐久性に重きおきながら使用しているのはウレタンのシール材になります。変性シリコンは上から塗装をしない場面などの施工時に使用し、通常の塗装よりシール材がむき出しになる場面で使う事が多いですがご希望により差し支えなく施工できます。また先打ち施工が多い通常の塗装方法と比べて、目地の色がそのまま露出するクリヤー塗装などの後打ち施工の場合は変性シリコンよりも高額なオートンイクシードを使うこともあります。

シール工事の行程
  • 既存シール撤去(増し打ちは撤去無し)

  • テープ養生

  • ペール缶のシール材

  • トナーを入れる

  • 硬化剤を入れる

  • 主剤と硬化剤も入れて専用攪拌機で15分ほど混合する

  • 撤去部清掃

  • プライマー塗布

  • 専用ガン吸い込み

  • 充填

  • ヘラならし

  • 仕上がり

シール専用道具とクリヤー塗装時のシール

様々な形状のヘラ

シール専門の道具

クリア塗装時の調色

完成

シール材の色というものは塗料と同じように様々な色があります。通常の塗装ではシール材の色は塗装で被されてしまうため気にすることはありませんが、クリヤー塗装の場合シールの色がそのまま出てしまうためや後打ちの場合でもサイディングの柄模様にシールの色を調整する必要があります。

サイディングの関連動画

サイディングの施工事例


些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

施工事例

Back To Top