タイル貼り替え必要?マンション外壁「打検」の妙

見積もり担当の菊池です。

神奈川区白楽のマンション現場にきています。足場が組み立てられ、最初の仕事は外壁タイルの調査です。

「打検」(ダケン)という工程ですが、職人・松尾がパールハンマーという打診棒を手にタイルを一枚一枚叩きながら、内部に異常がないか神妙に打音を聴いています。

unnamed

タイルが浮いているとカラカラという乾いた音、異常がないとウェットな音を発します。松尾は微妙な音を通じて、異常箇所を発見し、中にエポキシ樹脂を注入するか、はたまた張り替えるかを見極めます。

 

img57719837

タイルの場合は、一枚一枚になっているので、調査対象もそれだけの数になります。モレがあると大変なことになります。それだけに今日の松尾はいつも以上に慎重かつ丁寧です。

unnamed1

塗装の仕事は主に腕を使う仕事ですが、ここでは耳をそばだて、目を見張り、五感をフル活用して仕事に打ち込んでいました。

始めよければ終わりよし。

以上、菊池のレポートでした。

見積りで大切なのはお客様宅を把握すること。ご要望をうかがい図面を精査し、最適な工事を提案します。高い技術とサービスをご納得いただけるよう、いつも心がけています。雨漏り診断士でもあります。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00