外壁塗装工事を実施する時期を見極めるための決断ポイントとは

これまで塗装工事で塗装職人としてどんなことができるかについて、お話しして参りましたが、そもそも塗装工事を依頼する目安時期とはいつなのでしょうか。
一般的には塗装後10年経ったら再塗装をすると良い、とされていますがこれはあくまでも目安にすぎません。
今日は、塗装のプロではないお客様が、どのように塗装時期を判断すれば良いかお話し致します。

決断ポイント1 チョーキング現象がおこったら

塗装工事をする時期がどうかを判断する上で、2点大きな決断ポイントがあります。
まず1点目は壁のチョーキング現象です。
チョーキング現象とは、壁を手で触ったときに白い粉状のものがつく現象のことをいいます。
黒い服を着ていて、家の外壁に服がこすれた時に服が白くなったことはありませんか? あれがチョーキング現象です。


チョーキング現象は白亜化現象とも呼ばれ、塗料が劣化したことで表面にラジカルという悪玉菌が出て白い粉状のものとなります。これはサイディング、モルタルどちらの壁でも起こり、表面に出てくるのは塗装してからだいたい5年~10年経った頃。
この現象が起こりますと、塗料の持つ撥水性がなくなり、雨水などが壁に浸透しやすくなり雨漏りを引き起こす原因となるのです。
もしも家にチョーキング現象が起きていたら、一度信頼のおける塗装会社へ相談をしてみましょう。
塗装工事の訪問販売などで、「チョーキングが起こると壁が崩れる」などと言ってくる場合がありますが、これはほとんど嘘です。もちろん雨水が中にしみこみ、雨漏りを放ったままにし、壁が腐るのを放置した時には、もしかしたら起こるかもしれませんが、チョーキングが起こっただけで壁が崩れることはありません。
チョーキング現象について正しい知識を持ち、早めの手入れをしましょう。
まだ雨漏りなどが起こらず、チョーキング現象だけが起こった状態であれば、塗装するだけで問題は解決します。
工事費用を抑えるためにも、早めの対応が肝心です。

決断ポイント2 0.4ミリ幅以上のクラックをみつけたら

2点目の決断ポイントは、クラックです。
壁にクラックがある場合、外壁塗装と補修工事を考える必要があります。
クラックは長さよりも、幅を見ましょう。0.3ミリ幅以下のクラックは、そのままにしていてもあまり問題はありません。
問題があるのは、0.4ミリ幅以上のクラックです。
クラックの出ている場所にもよりますが、0.4ミリ幅以上のクラックは、確実に水が浸入します。
幅だけでなく、長さも問題になる場合はありますが、まずは幅を基準に確認をしてみてください。
このクラックを計測するのにクラックスケールと呼ばれる定規がありまして、これがあればどんな方でも簡単にクラックの幅を測ることができます。

塗装職人では、クラックスケールをご希望のお客様に差し上げていますので、どうぞ気兼ねなくお立ち寄りください。
『ブログでクラックスケールについて見た』とおっしゃって頂ければ、お渡しいたします。(横浜本店のみ先着3名の方に差し上げます)
塗装のご相談でなくても問題ありませんので、お気軽にお声がけ頂ければと思います。
菊池も、このクラックスケールを使用しているのですが、細かいクラックでも雨漏りの原因になってしまうクラックと、そうでないクラックの判定が簡単にできますので、おすすめです。

クラックによるトラブルの動画です

再塗装工事の時期目安とは

最初にもお話ししましたように、塗装工事の時期はおおよそ10年ごとと言われています。
ただこれは家によって差があり、5年や7年など短くなる場合もあるのです。
もちろん、家が建っている土地の環境や気候、日差しなどもありますが、最初に施工した際の工事の出来不出来によっても変わります。
そのため、できれば1年に1回くらいは家の周りをまわってご自分で外壁をチェックすると良いでしょう。
壁は触ればチョーキングが起きているかどうかが分かりますし、クラックも目視で確認できます。家を見るポイントとしては、窓周りや出窓まわりなども入念にチェックしましょう。
出窓などは脚立などがないと見えにくい場所もあると思いますが、見える範囲で見るだけでも効果はあります。
また、屋根などは家の敷地からですと見えにくいですが、すこし離れたところから眺めると確認が可能です。


1年に1回の簡単なチェックで、塗装工事の費用を抑えることができます。
家の不具合を早期発見できれば、それだけ簡単な工事で外壁塗装工事することが可能となるからです。
また家のチェックをしておけば、訪問販売の撃退にも。
先ほども少し外壁塗装工事の訪問販売のことを書きましたが、訪問販売の業者は、お客様が家の状態が分からないのをいいことに、「棟板金が浮いていますよ」「瓦がずれていますよ」「チョーキングで壁が崩れますよ」などと不安をあおり工事の契約をとりつけます。
きちんと家のチェックポイントが分かっていれば、悪質な訪問販売業者にひっかかることはありません。
ご自分の家を守るためにも、二重の意味でチェックは必要なのです。

20年目の再塗装工事で注意すべきこと

外壁の塗装工事の依頼を受ける際に、20年ぶりに塗装をするというお客様もいらっしゃいます。
いつかはやらないと…と思いながら、ずるずると先延ばしにしてしまい20年経ってしまったという方がほとんどです。
ただ最初に塗装をしてから20年も経過していますと、10年で塗装工事をしていれば塗装工事だけですんだものが、サイディングボードが傷んでしまっていたり、シーリングが劣化して隙間が空いたことでサイディングボードが湾曲してしまったりする場合も。

こうなってしまいますと、サイディングボードの取り替えや大工をいれての大がかりな工事となる場合もあります。
また多くのお客様は、雨漏りが起きてからご依頼を頂くことが多いのですが、これもあちこちに大工やその他さまざまな業種の職人が工事に入ることとなり、時間と費用がかさみます。
たまに20年ぶりに塗装工事の相見積もりを取った際に、安い施工費の業者を選ばれているお客様をお見かけします。
工事内容を伺いますと、塗装工事だけで大工の工事などは入っていませんでした。
なぜ塗装工事だけの見積もりを出すかといいますと、これには業界の裏事情があるのです。
実は、非常に残念なことですが塗装業者や建築業者の中には会社を設立して5年ほどで荒稼ぎをして、その後会社を解体してしまう悪質な業者があります。
会社を解体する理由は、瑕疵保険など工事の責任を逃れるためです。
20年ぶりの塗装工事で、大工などをいれずに済む家はほとんどありません。それにも関わらず塗装だけで済ませるというのは、何も問題解決をせず上辺だけコーティングする工事をおこなっているのです。
だから、塗装工事だけの金額となり補修工事などを含む塗装工事費と比べれば段違いに安くなります。
しかし、コーティングはあくまでも見た目をきれいにしたに過ぎませんので、数年すればまた雨漏りなどが起こり、ますます家は傷むでしょう。
家の不具合が表に顔を出した頃には、塗装をした会社に責任を問おうにも、存在すらしないのです。
20年ぶりに塗装工事をする際には、こうした業者に騙されぬよう注意をしましょう。

サイディングの湾曲修正の動画です

家が長持ちする最善の塗装工事時期を逃さないために

塗装職人としては、20年ぶりの塗装工事をされるお客様には、できるだけその後に家が長持ちするようなご提案を致します。
そのために塗装工事だけのお見積もりよりは費用がかかりますが、その分家を持たせることができるのです。
塗装職人は、本年創業30周年を迎えました。
実績に恥じない正直な工事をすることが、弊社最大の強みです。
少しでもお客様の外壁塗装工事が良いものになるように、今回は塗装工事に踏み切る際のチェックポイントなどご紹介いたしました。自分でチェックをすれば、最適な塗装工事時期を逃す確率が減ります。
何か塗装工事や家のことで疑問や困りごとありましたら、いつでもご相談ください。
どんな小さなことでも誠実にお答えいたします。

菊池
見積りで大切なのはお客様宅を把握すること。ご要望をうかがい図面を精査し、最適な工事を提案します。高い技術とサービスをご納得いただけるよう、いつも心がけています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top