塗装職人ではお客様の些細な疑問などにお答えします

塗装職人では新型コロナワクチンやお客様の些細な疑問などにお答えします
塗装工事のご依頼頂いたお客様と電話やお見積もりの際にお話しするのですが、そこで話題に上るのが新型コロナワクチンの接種についてです。
自治体によって対応が違うため、すでに2回終わっていらっしゃる方も居れば、年齢などの関係もありますがまだ接種の予約もできないという方も。
今回は、そんな新型コロナワクチンのお話なども少しできればと思います。

新型コロナワクチン接種は予約が大変

先日、菊池もようやく新型コロナワクチンの第1回接種に行ってきました。
予約券が届きましたものの、なかなか電話がつながらず困っていたのですが、運良く仕事の休み時間にかけたら1回でつながり、接種予約が取れました。
接種日当日は会場に行ってみると非常に沢山の人がいて、ソーシャルディスタンスを取りながら順次受付を。しかしまだ受付業務が慣れていないのか、少しおぼつかない様子でした。
菊池が手の消毒をして入場しようとしたところ、後ろから追いかけてきた職員の方に「手の消毒はしましたか?」と聞かれ驚く一場面もあり、大変そうだなぁ…と。
ようやく受付をすませ入場しますと、今度は先ほどとは変わって非常にスムーズな進行…。
受付のあと、注射を打つまでの段取りは、きっと何度も訓練をされたのだろうな…と思いました。
検温し、問診後に注射を打って、20分会場で様子を見たら終了です。

普段菊池の平熱は36度2分~3分ほどなのですが、その日の夜は36度8分になりました。
いつもよりは少し高いかな?というくらいです。注射を打ったところに若干痛みはあるものの、そこまではダメージなく済んだのでホッとしました。
次はまた3週間後。
2回目の接種は、熱が出る方も多いとのことでしたので、気をつけたいなと思います。

塗装職人にも夏到来です

次のワクチン接種が終わる頃には、もう夏まっさかりでしょう。
なんとか7月中には接種が終わりそうですので、一安心です。こういうものは、早く終わってほしいな…と思います。
夏といえば、塗装職人では衣替えです。夏場になると大変暑い中現場に行きますので、作業服も夏服となります。
キャップも夏用になるのですが、実はこのキャップ塗装職人のスタッフでデザインを考えています。通常の業者の場合いわゆる作業帽をかぶっているところもあるのですが、弊社はオリジナルのキャップを社長や、営業一同で使用しています。

夏のキャップは紆余曲折あった末にこのデザインに落ち着いたのですが、冬のキャップは菊池がデザイン案を決めました。
お客様にもよく褒めて頂けますので、いつも嬉しく思います。
皆様の元へお伺いする際も、必ずキャップをかぶって参りますので、もしよかったらこっそり見てみて下さい。

夏のキャップでお客様宅を訪問した菊池の動画です

なにか疑問がありましたらどんなことでもご質問ください

新型コロナワクチンの接種などもそうですが、なかなか些細なことを塗装会社の営業に聞くのは気が引ける…というお客様もいらっしゃるでしょう。
しかし、弊社ではどんなことでもお客様の不安を解消するためでしたら、お答え致します。
どうぞお気軽にご質問下さい。
家の外壁塗装だけでなく、「ちょっと物置の壁を塗りたい」など小さな箇所の塗装相談でもいいですし、直接塗装とは関係ない「塗装職人では感染対策はどうしているの?」などの質問でも大丈夫です。

弊社のコロナ感染症対策です

新型コロナウィルス感染症対策に伴うお知らせ

最近お客様から、何度か「ブログを見ました」というお声や、「あぁブログにも書いてあったわよね」というお声を頂くことがあります。
菊池のブログでは、できるだけお客様の疑問点について先回りしてお答えできればと考えております。
もしもブログで「こんなことを書いてほしい」などありましたら、メールでもかまいませんのでお送り下さい。
お客様からのリクエストを心よりお待ちしております。

菊池
見積りで大切なのはお客様宅を把握すること。ご要望をうかがい図面を精査し、最適な工事を提案します。高い技術とサービスをご納得いただけるよう、いつも心がけています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top