塗装後5年が経過した家

アフターサービスの一環として、2008年に施工したそれぞれの住宅塗装の5年後の様子を見るために伺わせていただきました。画像をクリックで拡大してご覧いただけます

2006年に行った横浜市神奈川区の塗装工事の経過です。

2006年 塗装前

2006年 塗装後

2011年 5年経過

2006年当時

当時の状況はサイディングボードは割れ、破風などの木部の塗膜が完全になくなっているなど、外壁・屋根・木部ともかなり劣化していました。

塗装前の外壁

階段門塀付近

塗装直後

5年後の2011年

5年経過後の2011年の外壁のようす。外壁自体は明るいアイボリー系にも関わらず、カビも汚れも特に目立つところはなく、良好な状態でした。門塀の階段の足元部分にはコケなどが発生していました。

5年後の外壁

5年後の外壁

5年後の階段門塀付近

2006年当時

花壇のコンクリートには、段差違いで幅広の亀裂(クラック)が生じていました。クラックをコーキングにて下地処理をして、微弾性フィラーを肉厚に塗装しています。完全に段違いをなくすことも可能でしたが、花壇ということもあり予算の都合上ひびから雨水が浸入をさせないことを優先に作業をしました。
クラックにはUカット(Vカット)という方法もありますが、そこまで予算をかけなくても通常の下処理でもひびの再発がしないという一例です。

段差違いの亀裂

塗装前の花壇

塗装途中

塗装直後

5年後の2011年

段違いはそのままですが、クラックは全く生じていません。

塗装から5年後の花壇

拡大図

2006年当時

玄関ドアの下部分です。モルタルが欠損して下地の木部が丸見え状態でした。左官屋さんを入れてモルタル補修しました。
また、1階下屋根の雨樋も交換しました。

塗装前の玄関ドア

塗装前の下屋根

塗装途中

5年後の2011年

塗膜に亀裂がはいっていますが、モルタルには及ばなく雨水侵入の可能性はありません。良い状態です。

5年後の玄関ドア

5年後の下屋根

2006年当時

目地シーリング(コーキング)は、外壁全体が劣化していました。一部サイディングボードの反りと下地の問題で、割れが発生していました。ちなみにほぼ全体を打ち直ししています。

塗装前のシーリング部

シーリング部アップ

5年後の2011年

シールもいい状態を保っていました。反っていた部分もシール部に色の差異が認められたものの、雨水の侵入の要素はゼロです。

5年後のシーリング部

シーリング部アップ1

シーリング部アップ2

2006年当時

家正面の屋根、高圧洗浄後・塗装直後の様子です。洗浄前はコケや藻が発生していました。

高圧洗浄後の屋根1

塗装直後の屋根1

塗装直後の屋根2

5年後の2011年

少し遠目からですが、家正面の屋根も特段目立つ汚れもなくきれいに保たれています。

5年後の屋根

2006年当時

家正面の当時の屋根の作業風景と正面屋根の上の破風木部です。破風の塗膜はほぼありませんでした。一部塗装だけでは納まらず大工をいれての交換作業ももありました。

屋根の塗装作業風景1

屋根の塗装作業風景2

屋根の塗装作業風景3

破風木部塗装前1

破風木部塗装前2

破風木部塗装前3

塗装途中の破風1

塗装途中の破風2

塗装直後です。



5年後の2011年

遠くからでわかりにくいですが、その木部も状態を保っています。

5年後の屋根

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

施工事例

Back To Top