投稿者: 塗装職人スタッフ

塗装職人の職人やスタッフが日々の出来事をお伝えします。

【自宅色替え】壁色だけじゃ決められない?ご自宅の色選びのポイントをプロが解説!

日本のお宅の外壁塗装が完工しました。地域に合わせた塗料と色選びから、丁寧な施工までを提案しています。10年後も満足していただけるような確かな塗装を心がけています。ご相談はいつでもお気軽にどうぞ。

三棟同時工事をご依頼のお客様にご安心いただけた弊社の取り組みとは?

神奈川県を拠点とする塗装職人は、2020年も厳しい状況の中でお客様の満足を追求し、三棟同時の施工も成功させました。顔写真入りの職人紹介や冬場の塗装にも対応し、来年も安心して笑顔でいられる工事を提供します。メールや電話でも対応可能。

【一級塗装技能士】あなたにもできる!?木製玄関ドア塗装の工程とポイント解説

「弊社の一級塗装技能士の職人による木製玄関ドアの塗装工程を紹介。施主様とのレクチャーを通じて完成させ、お客様に大変満足いただきました。外壁塗装工事中であれば、無料でレクチャーも行います。ドアの塗装にご興味があれば、ぜひご連絡ください。」

お客様にご安心いただくために、現場での職人の様子をご紹介

塗装職人たちの現場での様子や、お客様とのコミュニケーションを大切にする姿勢をご紹介しました。誠実な仕事ぶりによりリピーターのお客様に恵まれ、安全な施工を心掛けています。安心してご利用いただける静岡の塗装会社です。

「エアコンのホースカバーは塗らない」?良心的な業者を見分けるための簡単な質問とは

外壁塗装を依頼する際の重要な質問について説明しました。エアコンのホースカバー部分の塗装について丁寧に説明する業者を選ぶことが、信頼性の判断材料になります。また、業者の営業がきちんと説明できるかも重要です。

子供も職人も楽しい塗装体験、壁に記念の手形もつけました。

神奈川県某市で開催された塗装体験イベントでは、コロナ禍における安全対策をしながら、子供たちや施主様が楽しむ様子が伝えられています。参加者は1時間で外壁の一部を塗り終え、家族や職人との記念撮影を楽しんだとのこと。興味がある方は動画で確認できます。詳細はウェブサイトで。

「塗り替え」なのにシール工事が必要?その理由とメリットをご紹介

外壁の塗り替えの際に行うシール工事について解説します。シール工事は、サイディング壁に必要で、モルタル壁の場合は必要ありません。シール剤は5?6年で劣化するため、塗装工事と同時に実施することをおすすめします。技術のある職人によるシール工事は、耐久性を高める効果があります。定期的なメンテナンスが必要で、外壁の塗装とシール工事を行うことで家の補修費用を抑えられます。

家の点検時期と手遅れのバルコニー

秋に入り、地名は含まれていません。気になる箇所があれば台風の前に点検を。家の点検とメンテナンスが重要で、古い建材や施工不良での傷みも注意が必要。点検で不具合を見つけ補強や補修を。年数を重ねた家にも点検が必要。建材や施工不良での傷みも注意が必要。メンテナンスすることで傷みを最小限に食い止めることができます。

色変えでガラッと雰囲気を変える アパートの外壁塗装

不動産屋さんからのご紹介で、塗装に悩んでいるアパートのオーナー様に相談に乗り、外壁の塗装を行いました。オーナー様の希望をくみ取りながら、紫色の外壁に白色の差し色を提案し、階段部分にも長尺シートをご提案。工事中は住人の方への挨拶や配慮が必要でしたが、滞りなく工事を進め、住人の皆様からも喜んで頂きました。最終的には入居者が決まるなど、良い結果が得られたことを報告しています。

家によって似合う色は違う ツートンカラーの色変え塗装工事

先日、〇〇市で外壁塗り替えのご依頼を頂きました。施工不良のため、色褪せが目立ちますが、お客様のご希望で色変えをすることに。外壁の色選びは立地や家の形、お客様のイメージなどを考慮し、難しい作業です。外壁の色を選ぶ際は、家の窓枠や扉などとの調和も大切です。また、塗料の質と塗る職人の腕も重要です。ご希望に応じて最良の提案をさせて頂きます。

錆びた階段と傷んだ廊下を塩ビシートで美しく

北側にある東京のベランダなども日照時間の少なさから、濡れたコンクリートが乾かず、コケなどが生えやすいので、塩ビシートがおすすめです。塩ビシートで綺麗にお化粧直しすれば、建物の耐久性もお手入れの容易度も格段にアップします。

青空の下で発散 おうちで塗装体験

梅雨前までは、湿気も少なく日照時間も長くなってくるころなので、塗装工事にはベストシーズンなのです。今の状況の中でも力を尽くして、「お客様に喜んで頂ける塗装」をモットーに日々技や知識を磨いております。外壁や屋根のことなら、安心してお任せください。

ダイノックシートでプチリフォームを

東京都内で玄関扉にダイノックシートの貼り替えを行いました。真っ青なダイノックシートで目にも鮮やかな仕上がりになり、玄関以外でも利用可能です。工事の手順や使い道について紹介しています。ダイノックシートを使ったアパートのリフォームも可能で、塗装職人がご希望の色味を提案します。

塗装も新型コロナ対策もプロフェッショナルに

静岡の塗装職人は新型コロナ対策を徹底し、健康チェックや除菌を重点的に行っています。職人の星野は信頼され、丁寧な対応でお客様に好評。弊社のスタッフは一丸となり、お客様の家の塗装を完成させるために全力を尽くしています。

塗装工事の際にシーリング工事を同時に施工する必要性

外壁塗装とシール工事は一緒に行うべきであり、個別に行うと不具合が生じる可能性があります。シール工事は外壁の劣化を防ぎ、水が入り込むのを防ぐ重要な工程です。足場が必要なため、外壁塗装と同時に行うことが理想であり、二つの工事を分けて行うことで余分な費用や不具合が発生する可能性があります。

初詣と塗装職人 東京店のこと

東京店の店長は、桜神宮で初詣に行きました。神社の歴史やおみくじの結果について綴り、地域の皆様との交流についても触れています。また、DIYに関する質問も歓迎していることを紹介しており、塗装職人 東京店が地元の方々にとって頼りになる存在でありたいとの思いを述べています。

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00