神奈川区でサイディングの隙間と反り返りの修復塗装

横浜市神奈川区の、とある集合住宅。

見積りの際から、建物西側のサイディングの反り返りと割れが目立ち、アパートのオーナー様もずいぶん気になさっていました。

078

014

写真のようにサイディングは大きく反り返り、下部は割れが発生していましたが、これと同じ事例はちょくちょくあります。

外壁サイディングの反りかえしをビス止めで修正したアパート塗装

このような場合、シーリング(コーキング)工事を行なうにも、まず丁寧・確実に補修を施したうえで作業にかからなければなりません。反りはサイディングボード一枚だけという部分的でということもありますが、外壁の上から下まで続いているということもあります。

036

ハンマーの打音を耳で確かめながら、慎重にサイディングの「浮き」を調整し、

045

ここぞというポイントにドリルでネジ穴をあけ、

052

次つぎにネジでサイディングを落ち着かせていきます。

この後で、ようやくマスキングと接着剤の塗布に移行でき、

015

ガンでシーリング(コーキング)材の充填を行なうことができます。

059

そして、このヘラさばきこそがシーリング(コーキング)工事のハイライト。熟練のワザで、サイディング同士をシーリング(コーキング)材で確実に接着していきます。

片手で4本のヘラを使いこなすシーリング職人

073

マスキングをピッと剥がせば、

076

見事に、きれいなシーリング(コーキング)の完成です。この後のさらなる補修で、割れもきれいになるでしょう。

001

シーリング(コーキング)工事のなかにも、現場の状況によって、いくつかの大切な工程があるわけです。

さまざまに異なる現場状況でも、㈱塗装職人のシーリング(コーキング)工事の丁寧・確実さは常に変わりません。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00