横浜市神奈川区でのシーリング打ち直し

株式会社塗装職人ブログ

横浜市神奈川区にある住宅の、屋根と外壁の塗替えの現場です。
今日は、シーリングの打ち直し作業を行いました。
サイディング外壁の目地やサッシ廻りを中心に、古いシーリングを取り除き新しく打ち直します。

まずは古いシーリングの除去作業から。目地の左右にカッターを入れ、サイディングから切り離していきます。

サイディング外壁のシーリングは、熱や湿気によるサイディング材の収縮膨張に対応できるよう左右の二面接着で施工してあります。
そのため左右に切れ目を入れることで、スルスルと剥がれていきます。
このお宅のシールは比較的簡単に剥がれましたが、剥がれにくいシールもあるのでその場合はちょっと苦労します。

目地底には、接着塗料が付かないよう用いられるボンドブレーカーという粘着テープが設置してありました。(写真の薄いグリーンのテープです)
この後、目地に残ったシーリングやホコリ・汚れ等を取り除いていきます。

シーリングの除去作業と並行して別の職人が養生を行ない、手早く作業をすすめます。
養生が終わったところからプライマー(接着塗料)をサイディングの端面へ塗布し、隙間なくシーリング材を注入しました。
今回は、ノンブリードウレタンシール材を使用しています。

ヘラを使ってならし作業をした状態。乾いて固まる前に養生テープをはがし、打ち替え作業は完了です。

ヘラの手入れをしながらシーリング材の撹拌が終わるのを待ちます。今回使った2液タイプのシーリング材は、撹拌後時間が経つと固まってしまうので、一缶づつ撹拌して作業をすすめました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top