横浜市戸塚区での塗装施工事例、下屋根上塗りと塗装完了

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市戸塚区で行った施工の様子をお送りします。
現場のリーダーとなったのは、一級塗装技能士の竹内。こちらでの塗替えはこの日で最後、下屋根の上塗りをして完了となります。
横浜市戸塚区:下屋根上塗り
横浜市戸塚区:下屋根上塗り後
横浜市戸塚区:下屋根上塗り後2
途中経過がなかったのですが、遮熱塗料のサーモアイシーラーでの下塗り、主材での中塗りを経て、仕上げの上塗りをしているところです。小さめのローラーを使用して、凹凸部分にも塗料が付着するように塗り上げていきました。
均等な厚さの塗膜をつけて、屋根を紫外線や風雨から長く守ります。
鉄部はツヤツヤの光沢が現れる仕上がりになりました。外壁との境界も、きれいに塗り分けされていますね。
では、塗替えの完了した外観を見ていきましょう。
横浜市戸塚区:塗装完了後
横浜市戸塚区:塗装完了後2
外壁はアイボリー系のシリコン塗料をたっぷりかさねて、塗膜を厚くつけています。サイディングボードには凹凸や目地があるので、谷にも塗料が付着するようにローラーを転がして仕上げていきました。
屋根はコケの発生がひどかったですが、高圧洗浄できれいに取り除き、遮熱塗料サーモアイで塗装。
こちらには太陽の赤外線を反射し、屋根温度の上昇を抑制する性能があります。2階の室内温度も1階と同程度に低下させ、過ごしやすい室内環境へ。
足場解体まで時間があるので、周囲にかけているメッシュシートは束にまとめています。これは、強風が吹いてシートが煽られたときに、足場を揺らしたり、傾いて外壁にぶつかることを防ぐために行いました。
足場材がぶつかってしまうと外壁に穴を空けてしまう恐れもあるので、足場解体まで時間が空く際は、シートをまとめてもらうようにしましょう。
以上で戸塚区の現場からの報告でした。このお宅のこれまでの工事内容
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top