横浜市旭区、軒天と雨樋下塗りで光沢のある仕上がり

塗装職人ブログ
今回は横浜市旭区 鶴ヶ峰で行った、塗装の様子を掲載します。
前回は屋根の中塗りを完了させたので、本日は軒天や雨樋の下塗りを進めました。
横浜市旭区:軒天シーラー下塗り
横浜市旭区:玄関前軒天下塗り
横浜市旭区:軒天下塗り完了後
軒は浸透シーラーをたっぷり塗布して、下地と塗料の密着力を高めていきます。剥がれにくく厚みのある塗膜に仕上げることで、家をしっかり保護し、紫外線や風雨による傷みを抑制させます。
シーラーを塗布したところは色が変わったように見えますね。塗装面全体が濡れたように光沢のある状態になるよう仕上げていきました。
軒の下塗りが完了後、雨樋の下塗りに入ります。
横浜市旭区:雨樋下塗り
横浜市旭区:雨樋下塗り2
こちらはミッチャクロンという、プライマーを使用。その商品名が示す通り、塗料の密着力を強化する材料です。透明なこのプライマーを刷毛に含ませ、縦樋、横樋にたっぷり塗り重ねていきました。
塗り上げたところは、とてもツヤツヤとした仕上がりです。この調子で樋の全体に、塗り落しのないようにプライマーを塗布して下準備。
塗装をしない箇所はテープとビニールが一体になったマスカーで覆ってあります。塗料が付着しないように、また、塗り分けの線をきれいに出すために行うもので、養生と言います。塗料の飛散、そして付着を心配せずに思い切った作業ができるので、作業効率もアップします。
細部まできっちり養生をすることで、最後に行う掃除の手間も抑えられるので、塗り替え前には欠かすことのできない大事な工程です。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top