横浜市港北区での住宅施工、鉄部と木部塗装で防カビ防虫効果も

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市港北区で行った施工風景を掲載します。
こちらのお宅では、バルコニーの鉄部・木部の塗替えをしました。施工場所が限られているため、足場は組み立てずに、バルコニー横にハシゴをかけて作業しています。
職人は一級塗装技能士の星野。息子をとてもかわいがっている子煩悩な父親でもあります。
(一枚目の写真は見積もり時のもの)
横浜市港北区:施工前のウッドデッキ
横浜市港北区:ウッドデッキケレン
横浜市港北区:ウッドデッキケレン後
施工の開始は木部・鉄部どちらもケレンから。バルコニーのウッドデッキは古い塗膜がボロボロ剥がれ落ちていたため、サンドペーパーで研磨してきれいに取り除きます。バルコニーの外側もハシゴに乗りながらケレンしています。
完了後は、旧塗膜もきれいに除去でき、すべすべとした下地になりました。
鉄部手すりはサビがあちこちに発生していたので、こちらもケレンで除去していきます。
横浜市港北区:ディスクサンダーで鉄部ケレン
横浜市港北区:皮スキで鉄部ケレン
横浜市港北区:鉄部ケレン前
横浜市港北区:鉄部ケレン後
平面部分はディスクサンダーという電動工具で研磨しました。この工具は先端に円盤のような形のディスクをつけ、電源を入れるとそこが回転して削られるという仕組みです。弱った塗膜部分も含めて研磨して、サビを取り除きました。
手すりには飾りもあるので、こういった細かい曲線部分は手作業でケレンです。皮スキ(金ベラ)やサンドペーパーなどでゴシゴシ擦って、可能な限りサビを削り落としました。
下地としっかり密着している活膜部分は、微細な研磨傷をつけるにとどめ、塗料の食い付きがアップするようにしています。
横浜市港北区:鉄部サビ止め塗布
横浜市港北区:鉄部サビ止め塗布後
鉄部のケレン後はサビ止めを塗布して、再びサビが発生することを防ぎます。小さめのローラーを使用して、赤錆び色のサビ止めを細部までたっぷり塗り込みました。傷みやすい鉄部の耐久性をアップさせて、塗装も長持ちさせます。
ケレンの終えたウッドデッキはキシラデコールという、木部専用保護塗料を使用して塗替え。この材料は表面に塗膜を作るのではなく、内部に浸透して着色・保護するタイプのものです。そのため、木目を活かした仕上げが可能となります。防腐や防カビ、防虫効果も備えているので、木部に打ってつけの塗料と言えるのではないでしょうか。
2回塗りで仕上げていくので、今回は1回目の塗布をします。
横浜市港北区:ウッドデッキダメ込み
横浜市港北区:ウッドデッキ塗装中
横浜市港北区:ウッドデッキ1回目塗布後
デッキの端や、隙間を平バケで塗り込みます。こういった箇所は塗り落しが出やすいので、あらかじめ細部を仕上げてから全体に塗布して、ムラのないように仕上げます。広い面は筋交いバケで染み込ませるように塗布。
全面を塗り終えたあとは黄土色に着色され、しっとりとした状態になりました。
後日、もう一度キシラデコールを塗布して、より深みのある色に仕上げていきます。
他の港北区で施工した工事はこちら
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top