横浜市戸塚区での外壁施工、べランダ外壁養生と下塗り~上塗り

塗装職人ブログ
本日は横浜市戸塚区で行った施工風景をお届けします。
前回は屋根鉄部の下塗りまで進めましたが、今回は場所をベランダに移して塗替えをしました。
まずは養生をして、塗らない部分に塗料が付着しないように準備。窓にはマスカーという、テープ付きのビニールを貼っています。窓は全体をビニールで覆って密閉することが多いのですが、こちらのように部分的にカバーすることで、窓の開閉ができるようにすることもあります。
室外機はメッシュ状になったカバーをかけて、排気口を塞がないようにしています。
養生後はシーラーを塗布して下塗りをしました。
横浜市戸塚区:ベランダ外壁下塗り
横浜市戸塚区:ベランダ外壁下塗り2
下塗りは塗料の密着力を強化して、塗膜を剥がれにくくするために欠かせない工程です。外壁の塗膜は、屋根よりは剥がれにくいのですが、それでも様々な要因から剥離を起こすこともあるため、しっかりシーラーを塗ってから塗替えします。
横浜市戸塚区:ベランダ外壁中塗り
横浜市戸塚区:ベランダ外壁中塗り2
次はシリコン塗料で中塗りをしました。軒との境界にはテープ養生をしてあるので、塗料のはみ出しを臆せず塗り進められます。細部から全体へ、塗料を均一に行き渡らせて、均等な厚みの塗膜をつけていきました。
塗装は塗膜で家を保護しますから、耐久性のある厚膜に仕上げることで、家の状態を保持・長持ちさせます。
横浜市戸塚区:べランダ外壁上塗り
横浜市戸塚区:ベランダ外壁上塗り2
中塗り乾燥後は上塗りをしました。3回目の塗装はいわゆる仕上げ塗りになります。これまでつけた塗膜に厚みを付加するとともに、美観を向上させるため美しく塗り上げます。
最後に必要のなくなった養生を剥がして、ベランダ外壁の塗装は完了となりました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top