内装のクロスも塗装職人にお任せ下さい。雨漏り塗装はトータルで工事致します

先日、お客様宅の内装工事(クロスの貼り替え)が開始されました。
もともとは雨漏りについてのご相談があり、外壁塗装と屋根塗装、雨漏り工事をさせて頂いたお客様だったのですが、雨染みで汚れてしまったクロスも貼り替えたいとのことでしたので、お引き受け致しました。弊社では塗装工事だけでなくこうした内装工事も行います。


今回はクロス貼り替えについてと、雨漏り判断のタイミングなどご紹介致します。

雨漏りの原因は家によってさまざま

雨漏りの原因はさまざまありますが、今回のお宅はサイディングボードとサイディングボードの隙間をつなぐシーリングの劣化が原因ではないかと判断しました。そのため、まずは外壁のシーリング工事を。それ以外にも、バルコニーのウレタン塗膜防水を施し、屋根塗装、外壁塗装などいたしました。
その際に、室内のクロス貼り替えについてもご相談もあったのですが、雨漏りが止まらないことには内装工事ができませんので、雨を待って雨漏り箇所の状況を見極めてからお引き受けすることに。


菊池も雨漏り診断士の資格も持ち、長年塗装職人の見積もり担当、営業をやっていますが、雨漏りの原因は1箇所とかぎらないため、毎回原因を探し出すのに苦労をします。
雨水は変幻自在なため、どんな場所でも侵入が可能。原因を想定して修繕したとしても、雨が降ってみないことには、本当に修繕した箇所だけが原因かどうか判断することができません。
だからこそ、雨漏りの修繕状況を確認するために工事後の雨が大切なのです。
今回はこの連日の大雨によって、雨漏り箇所が修繕されたかどうか判断ができましたので、無事内装工事をスタートさせることができました。

前回雨漏りのお宅に訪問した時です

またまた雨漏りのお宅へ伺いました

壁などの雨染みは雨漏りのサイン

今回のお客様宅は、1階のリビングにある壁に雨染みが出ていました。
ずいぶん前から気がついていらしたそうなのですが、なんとなく後回しになってしまったのだとか。
しかし、壁紙も剥がれてきてしまったため「やっと重い腰を上げる気になった」と打ち合わせの際に笑いながらおっしゃっていました。
実は、雨染みを雨漏りのサインと気がつく人はあまりいません。
ポタポタと水滴が垂れることや、壁紙が剥がれるなどの惨事があってはじめて雨漏りに気がつくひとがほとんどです。そのため、雨染みだけの場合放置してしまいます。
先日も菊池の友人が、マンションの部屋の雨染みを放置していたところ、いざ売りに出そうとしたら雨漏りによって購入時の8分の一の値段になってしまった…とぼやいていました。
それくらい、雨漏りは家の価値を下げます。


だからこそ、雨漏りのサインに気がついたら、まずはなじみの塗装業者や工務店に相談をすることがおすすめです。
では、どのような雨染みになったら相談するといいのでしょうか。
菊池の場合は、雨染みに気がついたら大きさを測っておきます。
その後、大雨などが起こった際に広がるようでしたら、職人に相談をするためです。
というのも、雨染みはひょんなことで出来る場合もあります。

 

 

先日都内でものすごいゲリラ豪雨がありましたが、そうした横殴りの雨などによっていつもとは違う場所から雨水が浸入したことによって、雨染みができることがあるのです。
そうした雨染みは、雨漏りというよりは一時的な雨染みの場合もあるため、前回と同じ横殴りの激しい雨が頻繁に無い限り、同じ箇所の雨染みは広がりません。
水が定期的に入り込まなければ、時間の経過とともに内部の水も乾燥しますので、そこまで大事にならないことも。
雨漏りの怖いところというのは、家の内部に水みちが出来て何度も水が通り、周りや水の出口を腐らせていくことです。
雨が降る度に、水が壁や屋根の内部にたまり、それによって壁材や内部の木材を腐らせ、慢性的な雨漏りとなります。
このように腐ってしまった壁は、いくら乾いたしてももう元にはもどりません。
もしも、このブログをご覧になっていらっしゃる方の家に雨染みがありましたら、雨の降った翌日に雨染みの大きさに着目してみて下さい。

こちらも雨漏りに悩まれたお宅です

ハウスメーカーのびっくり施工の判明で7年越しに雨漏りを止めました

雨漏り工事だけなくトータルでお客様の家を工事

今回のお客様宅は、施工後に連日の大雨がふったことで、無事天然の散水試験もクリアしました。ですので、現在は大工による壁の修繕工事、そしてクロス職人によるクロス貼りと行っています。
お客様もどんどん綺麗になっていく外壁や内装を見て、非常に喜んでいらっしゃいました。

塗装職人では、お客様のご要望があればどんな工事でもご相談にのります。
トータルで家全体を守るために、職人や工事の手配をするのは私どもの仕事です。
これからも、塗装だけでなく家を補修するために、要所に行き届いた手配をしながら仕事をしたいと思います。

3度目の正直で雨漏りを止めろ 動画

菊池
見積りで大切なのはお客様宅を把握すること。ご要望をうかがい図面を精査し、最適な工事を提案します。高い技術とサービスをご納得いただけるよう、いつも心がけています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top