下塗り

耐久性に最も重要な下塗り

劣化状況を鑑みながら下地に適合した下塗り塗料を塗ることでいつまでもはがれない塗装が完成します。すべての下塗り作業で当社認定の一級塗装技能士が施工をしています。

サイディングの下塗り

職人にとって上塗りの被りのよいサフェーサーを使うことで、下地の透けカスレを防止するために好都合ですが、チョーキングにとっては不都合で剥離の危険性を伴うため、見積もり調査時に最適な使用塗料を割り出し塗装をすることで耐久性を生み出しています。
サイディングの外壁塗装はこちら

サイディング×シーラー

サイディング×シーラー

チョーキングが激しいサイデイングはせっかく塗装をしてもはがれやすいため、浸透性のあるカチオン系のエポキシシーラー等を使用しいつまでもはがれない塗装を心がけています。塗料状態は液状のサラサラでホワイト系や透明です。パーフェクトシーラーをメインに、下地により水性・溶剤を使い分けています。

サイディング×サフェーサー

サイディング×サフェーサー

目地のひび割れが顕著な場合はサフェーサーで肉厚を持たせます。シーラーと比較して少しドロドロの液状です。水性シリコンエポサーフからパーフェクトサーフまで、いずれも一級塗装技能士や経験豊富な見積もり担当が劣化状況から厳選して間違いのない塗料を選択しています。

モルタルの下塗り

モルタルと言ってもツルツルしたものからザラザラ凹凸があるものまで非常にバリエーションが多く、その外壁下地に最適な施工方法を行います。
モルタル塗装の詳細はこちら

モルタル×シーラー

モルタル×シーラー

現状の外壁が吹き付けタイルなどの凹凸模様と塗料吸収の少ないモルタルの場合は、チョーキングが発生していることがあるためシーラーで密着力を高めた塗装を行うこともあります。

モルタル×フィラー(サフェーサー)

モルタル×フィラー(サフェーサー)

吹き付けスタッコやリシン、ジョリパットなどの塗料消費量を多く使うモルタル外壁にはドロドロとした粘度の高いフィラーをたっぷり使用して耐久性を高めます。

ALCの下塗り

ALCにはデザイン性に優れたパネルが多いへーベルや平坦な種類なものが多く使われるシポレックスなどのようなものがあります。いずれもスタッコの吹きっ放しのような極端な凹凸がある模様は少なく、非常に作業性の良い外壁材ですがチョーキングの発生状況と目地クラックの状況を見ながら下塗りを選択したっぷりと塗ります。
ALC塗装の詳細はこちら

ALC×シーラー

ALC×シーラー

ボンタイルのような吹き付けタイル模様の塗装にはチョーキングの状況を見ながらシーラーを用います。

ALC×フィラー(サフェーサー)

ALC×フィラー(サフェーサー)

目地シールのクラックが目立つ場合などは、フィラーもしくはサフェーサーで肉厚を漬けるようにたっぷりと下塗りをします。

屋根の下塗り

屋根の下塗りは非常に重要です。屋根表面の風化具合によってシーラーも1液もしくは2液の弱溶剤を厳選し、上塗りの機能を高めるためには塗装職人認定一級塗装技能士がサフェーサーを最適な希釈率に調整して施工しています。
屋根塗装はこちら

屋根×シーラー

屋根×シーラー

表面塗装が風化して下地が露出しているスレートは非常に塗料を吸い込むため、ローラーにたっぷり原液のシーラーを含ませ濡れ感が出るまで一級塗装技能士の職人が責任をもって作業します。

屋根×サフェーサー

屋根×サフェーサー

遮熱や断熱塗装の場合は、その性能をアップさせるため専用サフェーサーを肉厚に塗ることが一番重要です。

木部の下塗り

塗膜剥離を起こした木部や密着不良になっている木部の下地は塗料を吸い込むため、塗装職人の認定一級塗装技能士が最適な希釈率に調整した木部用下塗り塗料で塗装します。
木部塗装はこちら

木部×プライマー

木部×プライマー

次に塗る上塗りの仕上げをよくするめ、パーフェクトプライマーや1液ファインウレタンU100木部用下塗りなどの弱溶剤系変性エポキシ樹脂プライマーで下塗りをします。

木部×シーラー

木部×シーラー

水性シルクシーラー厚膜や水性シリコン厚膜シーラーを使用します。使用感としてはサフェーサーのようなシーラーのため、劣化した下地でも吸い込みを抑えた下塗りが可能です。

鉄部の下塗り

錆が発生していない鉄部と発生している鉄部で下塗り塗料を変えるなど認定一級塗装技能士が劣化状況を適切に判断して施工します。鉄部はトタン板や屋根の棟板金(雨押え)を含みます。
鉄部塗装はこちら

鉄部×プライマー

鉄部×プライマー

鉄の劣化具合によってよりサビ止め防止機能を持たせた密着力を上げるプライマーを使用します。

鉄部×錆止め塗料

鉄部×錆止め塗料

サビに強いエポキシ系のざび止め塗料にて下塗りするだけでなく仕上がりを予測しフラット面ではローラーを厳選して塗っています。

ケイカル(新建材)の下塗り

下地の劣化具合を認定一級塗装技能士が判断して施工します。ケイカル板は軒天でよく使用されている素材です。(雨押え)を含みます。

ケイカル板×シーラー

ケイカル板×シーラー

軒天塗料で浸透性に優れているケンエースGⅡなどの仕上げ塗料などの場合は下塗りの有無を現場で判断します。

防火新建材×プライマー

防火新建材×プライマー

溶剤プライマーをメインに密着力を高めた下塗りをします。

塗装業者がもっとも気を使う作業のひとつが下塗りです。上塗り塗料にどんなに高価な塗料を塗ったとしても下地からはがれてしまえば全て無駄になってしまうからです。塗装職人では当社認定の一級塗装技能士が下地素材と劣化状況に合わせた下塗りをしています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

施工事例

Back To Top