横浜市保土ヶ谷区での屋根塗装、下屋根縁切りで雨漏り防止

本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った、施工の様子を掲載します。

先回は付帯部の上塗りが終わり、残す施工箇所は下屋根のみとなりました。こちらの縁切りをして全ての施工が完了します。

下屋根も大屋根と同じく、遮熱塗料のサーモアイで塗装しています。縁切りとは、スレート(屋根材)の重なりが塗料で埋まってしまった部分に隙間を空けていく作業です。
重なりが詰まったままでは、わずかな隙間から入った雨水が吸い上げられたり(毛細管現象)、排水がしにくくなるなど、雨漏りの要因に繋がることも。それを防ぐための工程となります。

横浜市保土ヶ谷区:下屋根縁切り

使用する道具は皮スキ(金ベラ)やカッター。これらを屋根材の重なりに差し込み、横に移動させて、塗膜を分離させます。乾燥した塗料は硬くなり、簡単には隙間が空きません。一箇所ずつ根気よく縁切り作業を行っていきました。

縁切りには、タスペーサーという部材を使用することもあります。タスペーサーを入れた上から歩くと、屋根が割れやすくなる場合もありますが、断熱塗料のキルコートのような、ひび割れに強い弾性塗料で塗装した屋根には使用しています。通常の縁切りだけでは、塗膜の厚みによって再び隙間がくっついてしまうことがあるのです。

稲城市での屋根塗装、タスペーサー雨漏り対策にも

施工回数や、屋根の状態、使用した塗料などを総合的に見て、適切に対処していくことが必要だと思います。
以上でこちらの現場での施工は完了となりました。お疲れさまです。

これまでの工事内容一覧:
横浜市保土ヶ谷区:鉄部下塗り、屋根下・中塗り、シール補修
横浜市保土ヶ谷区:屋根上塗り、外壁下・中塗り
横浜市保土ヶ谷区の外壁塗装:外壁中・上塗り、屋根縁切り
横浜市保土ヶ谷区の外壁塗装:樋、雨戸、木枠、鉄部上塗り
横浜市保土ヶ谷区の外壁塗装:樋、雨戸、木・鉄部上塗り

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top