町田市での屋根の断熱塗装で省エネ

株式会社塗装職人ブログ
今回は町田市本町田の現場の様子を掲載します。担当職人は一級塗装技能士の竹山。
これまで施工した場所の最終確認とタッチアップ、掃除をして施工完了となります。
まず、塗装後の家全体を見て回り、掠れや塗り漏れ、透けなどがないかチェックします。また、塗料の付着やはみ出しも確認して、それらを補修塗りしたり、拭き取り掃除を行いました。細かな部分もきれいに仕上げることで、全体の美観が向上していくと思います。
町田市本町田:塗装後の外壁
こちらのお宅は屋根、外壁ともに断熱塗料のキルコートで塗装しています。屋根は遮熱トップ、外壁はクリヤートップでの上塗り仕上げ。家まるごと断熱塗装なので、より、室内温度の抑制効果が現れるのではないでしょうか。
キルコートは保温瓶効果もあるので、室内のエアコンの効きもよくしてくれます。夏場だけではなく冬場にも効果がありますし、電気代の節約にも繋がるのは嬉しいですね。
町田市本町田:塗装後の外壁2
ごく淡いピンク系に塗替えた外壁は、細かなクラックの補修をしてから肉厚に塗膜をつけ、レンガ部分の塗り分けは真っ直ぐな仕上がりに。施工前はベージュのお宅だったので、大きくイメージチェンジしたと思います。
足場の解体まで日が空くため、足場周りにかけてあるメッシュシートは束ねました。風の通り道を作り、シートが煽られたり、その影響によって足場が揺れたり傾くことを防ぐためです。足場の資材が当たって外壁が壊れてしまう恐れもあるため、注意します。
こちらは雨模様になってしまいましたが、完工検査時の様子です。
町田市本町田:塗装後の屋根
町田市本町田:塗装後の屋根2
屋根はタスペーサーという部材で縁切りもしています。
町田市本町田:塗装後の庇
破風は外壁と同じ塗料で仕上げ、出窓のひさしはつやつやに塗り上がりました。
以上でこちらの現場での工事は完了しました。
これまでの施工内容
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top