相模原市での外壁塗装、濡れ縁上塗りと施工完了

株式会社塗装職人ブログ
本日は相模原市中央区の現場で行った施工の様子をお送りします。
担当したのは一級塗装技能士の星野。
まずは、前回下塗りを終えた濡れ縁の仕上げ塗装を行いました。使用した塗料は同じく、木部専用塗料のキシラデコール。こちらは2回塗りで仕上げる材料になります。
相模原市中央区:濡れ縁上塗り
相模原市中央区:濡れ縁上塗り後
刷毛を使用して塗料を染み込ませるように、たっぷり塗布していきます。格子の側面は薄い刷毛を使用して、全体にムラなく行き渡らせることが大切です。
塗布したばかりの状態では、色味がはっきり出ていますが、乾燥すると木材になじんだ風合いになります。キシラデコールは木材の内部から性能を発揮、着色をする塗料なので木目を塗料で塗りつぶしたくない方におススメです。
これで全ての塗装の工程が完了しましたので、仕上がった状態を見ていきましょう。
相模原市中央区:雨戸塗装後
刷毛とローラーを使い分て塗替えした雨戸は、陽の光を受けてつやつやとした光沢の輝く仕上がりになりました。外壁がきれいになった分、付帯部も同じようにきれいになると美観もより向上されますよね。
相模原市中央区:外壁塗装後
相模原市中央区:外壁塗装後2
相模原市中央区:外壁塗装後3
外壁は淡いグレー色に。サイディング外壁の目地内にも、塗料をしっかり行き渡らせて均等な厚みの塗膜を造膜。傷みを抑制する塗装に。窓枠との塗り分け線も、真っ直ぐスッキリと出すことができました。
残すは、足場の解体のみです。お疲れ様でした。
こちらの現場の施工内容
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top