横浜市旭区での塗装工事施工事例、足場解体後

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市旭区の現場から、塗装工事完了後の様子をお送りしたいと思います。
約1カ月弱に及ぶ工事を終え、足場の解体が完了しました。
横浜市旭区:塗装完了後の外観
横浜市旭区:塗装完了後の外観2
横浜市旭区:塗装完了後の玄関周り
簡単にこちらのお宅の塗替え工程を振り返っていきます。
屋根は断熱塗料のキルコートを使用。濃厚塗料を惜しみなくたっぷり5度塗りして、断熱と遮熱性能を発揮させる厚膜に仕上げています。最後に縁切りをして、タスペーサーという部材を差し込み、雨漏り予防をしました。
軒にはクラックや隙間が、破風板には塗膜剥がれなど見られたため、入念に補修してから塗替えをして塗膜をつけていきました。
外壁は帯板を境にして、2種類のサイディングボードに分かれています。最終的に1階部はブラウン、2階部はクリーム色に塗替え。厚膜をつけつつ、塗料の持つ光沢が輝くように仕上げています。玄関周りの外壁はザラザラとした肌のモルタルリシン。塗料を吸込みやすいので、惜しみなく塗布して塗りムラを作らないように塗膜を形成。
仕上がったお宅は、新築に近いような状態に美しく蘇ったと思います。付帯部はダークブラウンで塗装しているので、外壁を引き締めスッキリとした印象に見せていますね。養生を丁寧に施していることはもちろん、塗装完了後、細部までタッチアップ(補修塗り)や拭き取り掃除をしているので、塗り分け線もきれいな仕上がりとなりました。
屋根の断熱塗装では、これからの季節、その効果を実感して頂けるのではないかと思います。
こちらのお宅の施工記事一覧
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top