川崎市麻生区での外壁塗装、ツヤやかな仕上がりで美観向上

株式会社塗装職人ブログ
本日は川崎市麻生区の現場の様子を掲載します。
今回は施工最終日なので、これまでに塗装した箇所の最終チェックとタッチアップ(補修塗り)や掃除をしました。
塗り分けの線を再度きっちり仕上げたり、塗料の掠れや透けなどをタッチアップして、より完成度を高めていきます。
養生をしていても、塗料漏れは完璧には防ぎにくいので、そういう箇所の拭き取り掃除もします。塗膜の上など、拭き取りできない箇所に塗料が付着している場合は、再度塗装です。
では、最終チェックを終えた外観を見ていきましょう。
川崎市麻生区:塗装後の外壁
川崎市麻生区:塗装後の外壁2
こちらの建物はモルタル外壁なので、クラック(ひび割れ)に柔軟に対応する微弾性の下塗り材を使用。ぼってりとした材料なので肉厚に塗膜もつけることができます。中塗りと上塗りでは水性シリコンセラUVを塗布して、ムラなく塗膜をつけて耐久性の高い塗装に仕上げました。
前回の時点ではシャッターボックスはサビ止めによる下塗りの状態でしたが、ここに茶色のシリコン塗料を重ねて艶やかに塗り上げていきました。
鉄部は空気中の水分や酸素と反応しやすく、腐食が起こりやすいのでサビ止めをたっぷり塗布して、再発の抑制をしっかり行っています。そして紫外線などによる傷みから保護するために厚みのある塗膜をつけました。
事務所左側のテラスの手すりや鉄骨部分も塗装しています。
川崎市麻生区:トタン外壁塗装後
川崎市麻生区:塗替え後の外壁
母屋の外壁はトタンです。サビ止めで下塗り後、クリーム色のシリコン塗料で塗装。縦目地はあらかじめ刷毛で塗料を奥まで行き渡らせてから、ローラーで全体を平面に塗り上げ均等な塗膜をつけました。柔らかな印象の外壁をこげ茶の付帯部が引き締めているように感じます。
以上でこちらの現場の施工は完了です。
これまでの工事内容一覧
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top