横浜市金沢区での外壁塗装、掃除、チェックとタッチアップ

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市金沢区にて行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しています。
約4週間にわたる塗装工事もいよいよ本日で最終日となりました。この日は、掃除と仕上げた塗装の最終チェックを行います。そこで見つかった修正箇所を再塗装して、工事を終えます。
横浜市金沢区:外壁修正箇所
先ずは掃除から開始。外壁や屋根、付帯部などの塗装箇所を見て回り塗料のはみ出しや漏れなどがないか確認します。
塗料を落とせる部分には、ウエスという柔らかい布にシンナーを染み込ませて拭き取り掃除をします。拭き取りができなく、再塗装をする部分には、印としてマスキングテープを貼りました。
この他、塗料の掠れや塗り落しなども目を凝らして確認し、修正する箇所も同様に印を貼っています。
横浜市金沢区:施工完了
掃除と確認が完了後、タッチアップをします。タッチアップとは補修塗りとも呼ばれており、再塗装してより完成度を高める工程です。
先ほど、マスキングテープで印をつけておいた箇所を、刷毛で再度塗装。周囲と馴染ませて、きれいに仕上げます。場合によっては、光沢をもっと出すためにローラーで部分的に塗ることもあります。
最後はお宅の敷地内、そして家の周りの掃き掃除をして、施工で出したゴミ(塗膜片など)をきれいに取り除いていきました。
横浜市金沢区:施工完了後外観
足場解体まで日が空くため、足場のメッシュシートは束ねて風で煽られないようにしました。そのままの状態で強風が吹くと、シートが帆のように膨らんだり、バタバタと煽られて足場にぶつかり、傾いたり外壁を傷つける恐れがあるためです。
全ての施工が完了した外観は、塗料の光沢が輝き、生まれ変わったような印象を受けます。濃厚塗料をたっぷり使用した3度塗りで、家を長持ちさせる塗装になったのではと思います。
こちらの現場の施工内容一覧
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top