逗子市での外壁塗装施工事例、仕上げと施工完了

株式会社塗装職人ブログ
今回は逗子市桜山の現場から、施工の様子を掲載します。
担当の職人は一級塗装技能士の川口。
約一ヶ月弱続いた工事は完成目前。この日は家全体の確認、補修塗りなどをして最後の仕上げ。そして、家の周囲を含めた掃除をして工事を終えます。
写真はありませんが、家全体を見て回り、塗り漏れや掠れなどを細かくチェック。修正箇所はタッチアップと言って、補修塗りをしていきます。また、塗料が誤って付着した部分は拭き取り掃除をしたり、拭き取りができない箇所は再塗装をして、美観を向上させました。
逗子市桜山:塗装後の玄関周り
仕上がった玄関周りです。木製フェンスや門扉、玄関ドアはキシラデコールによる2回塗りで、木地を生かした仕上がりに。外壁のアンティークホワイト色に、こげ茶の付帯部が引き締めしています。
逗子市桜山:屋根塗装後
逗子市桜山:屋根塗装後2
屋根はサーモアイで3度塗り。日射反射性能がある塗料なので、太陽の赤外線を反射して屋根の温度上昇を抑制します。真夏にはサウナのようになってしまう、2階部屋の状態を改善する塗装です。
撮影時は曇り空でしたが、塗料のつややかな光沢が現れているのが見えると思います。雪止め金具も、凹凸の細部まで塗料を行き渡らせて塗膜をきっちりつけました。
逗子市桜山:破風塗装後
逗子市桜山:雨樋塗装後
破風や雨樋も美しく仕上がっています。
逗子市桜山:塗装後の外観
外観はこのような状態になりました。サイディング外壁は、目地シーリングを肉厚に打ち替え後、濃厚にシリコン塗料を塗布して仕上げています。施工前の汚れの目立った外壁から大きく変化しました。
足場の解体まで日が空くときは、周囲に張っているメッシュシートを束ねてまとめておきます。天候が荒れて強風が吹くと、シートが煽られて足場にぶつかったり、その勢いで足場が傾いて外壁を破損する恐れもあります。そのような事態を防ぐために、シートは束ねて風の通り道を作りました。
以上でこちらのお宅の工事事例を終えます。
これまでの施工内容
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top