横浜市磯子区での外壁塗装、仕上げと施工完了で美観向上

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区の現場の様子をお届けします。担当は一級塗装技能士の川口。
この日は最終仕上げなどをして施工が完了となります。
この日は仕上がり具合を確認して、塗料の透けや掠れがあるところ、塗り落しなどをタッチアップ(補修塗り)していきました。中には目を凝らさないとわからないようなところもありますが、すみずみまでチェックして、より美観を向上させていきます。
タッチアップが終わり、仕上がった様子です。
横浜市磯子区:下屋根塗装後
横浜市磯子区:樋・破風塗装後
以前塗替えたフェンスは、大工による補修工事をしました。
横浜市磯子区:フェンス補修後
一部腐食している木部を撤去して、新たに支えをつけて固定しています。その箇所も他のフェンス部分と同じ塗料で、同様に塗装しています。
横浜市磯子区:軒塗装後
水漏れをしていたところは、屋根上と、隙間のあった鉄部の補修を行い、塗装を経てご覧のようになりました。軒との塗り分けもきれいに仕上がっています。
また、養生をきっちり行っていても塗料漏れは発生することがあるので、それらや飛散した塗料の拭き取り掃除もしました。最後にお宅の周りの掃除を終えて施工完了です。
こちらは足場を解体したあとの外観です。
横浜市磯子区:塗装後の外観
外壁は肉厚な塗膜がつけられる微弾性フィラーで下塗り後、シリコン塗料をたっぷり塗布して耐久性の高い塗装に。破風板は古い塗膜がぼろぼろと剥がれており、入念なケレンをしてから塗替え。雨戸は日差しを反射して、塗料のツヤツヤの光沢を放つ仕上がりになりました。
これまでの施工内容一覧
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top