外壁塗装

塗装職人の外壁塗装

株式会社塗装職人では、”ただ塗る”だけでなく、塗装前の準備や周辺環境への気配り、実際に住まわれている方がストレスをなるべく感じないように配慮するなど、様々なことを意識しながら施工しております。

外壁の調査・診断

外壁は屋根と比較して様々な種類の外壁があります。その種類の特徴によって長年培った現場経験から、お見積もり時の調査診断には耐久性と美観を維持させるためにどのような処置方法が最適なのかを導き出します。

外壁の種類による技術的対応

同じ外壁塗装でも家によって作りは変わります。必ず一級塗装技能士が施工しますが、外壁ひとつをとっても、ただ資格があるからというだけでなく、家の作りが変わればそれだけのノウハウが存在します。同じ一級塗装技能士でもあるゆる様々な家の外壁状況への対処方法を知り尽くした職人が施工をします。

下地補修

外壁の種類がある分だけ下地補修のノウハウも存在します。この下地補修は塗装職人で仕事する一級塗装技能士たちが、多大な外壁塗装の対処ノウハウを共有しより確実で最適な対処へと昇華させています。当代表も一級塗装技能士のほか樹脂接着材施工技能士の国家資格も所有する下地補修のプロでもあります。

大工修理

築年数が経過するほどお家はほころんできます。外壁塗装は時にはただ塗装作業をするだけという処置だけでは事足りない状況の時があり、そのほころんだ部分を大工や板金職人が入り、腐食部や素材の交換補修をし根本修理をしてから塗装をすることにより、耐久性も美観もより新築時のように戻すことが可能となります。

外壁塗料選び

外壁の塗料もサイディング、モルタル、ALC、RCの塗料などの専用の塗料を選択します。さらに外壁の種類にあった塗料というだけでは事足りず、その家の状況や傷みに応じた塗料の扱いで耐久性が変わるということがあります。専用塗料プラス、やはりこれまで長年にわたって塗料ノウハウを蓄積させた経験で最高の塗料性能を発揮させ耐久性を伸ばす努力をしています。

外壁塗料の色選び

色で後悔してもらいたくないために、これまでの経験の元、施主様のご要望を取り入れながらも、外壁のほか各部分の配色とバランスを考慮したカラーシュミレートをご提案しています。

生活の対応

外壁塗装をすることによって工事期間中は、普段の生活と若干違うような生活を少し強いられてしまいます。養生をすることによって困難になる窓の開閉、洗濯干し、足場のメッシュシートによる日の陰り。塗装職人ではその中でも極力不自由さを感じさせないような職人独自による配慮も心がけています。

外壁塗装の種類・費用

住宅の外壁には、大きく、サイディング・モルタル・ALC・トタン・板張りと種類があります。その中でも住宅に多く使われ、塗装の現場でも多く目にする外壁の種類を紹介。合わせて施工方法や費用について簡単に説明しています。

モルタル

施工の特徴
リシン、ジョリパット、スタッコなどの種類があり、カビや汚れを除去しながらクラックも丁寧に下地処理をしてから塗装をします。
モルタルの塗装事例 モルタル詳細

サイディング

施工の特徴
単色ベタ塗りやクリヤー、2色意匠性など様々な工法があります。耐久性に肝心なシール工事は専門のシール職人が入って施工をします。
サイディングの塗装事例 サイディング詳細

ALC

施工の特徴
鉄骨造の建物に多い軽量気泡コンクリートパネルの塗装は、劣化状況によって欠損やシール工事などの補修をしてから塗装に入ります。
ALCの塗装事例 ALC詳細

鉄筋コンクリート

施工の特徴
鉄筋の錆びによる膨張、爆裂・コンクリート、モルタルのクラック撥水効果低下による汚れ・コンクリート欠損・貼り付けタイルの欠落、破損
鉄筋コンクリートの塗装事例

トタン

施工の特徴
トタンのサビ・塗装のハガレ・木部の腐食・塗装のハガレ・鉄部のサビ・塗装のハガレ
トタンの塗装事例

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00