外壁塗装の保証・保険

法律的な強制力を一切持たない「保証書」という紙切れ。
この2つのどちらを選びたいですか?
【5年後でも保証してくれない15年保証】
【5年後に当然確実に保証してくれる10年保証】
これは例え話ではなく外壁塗装の世界では普通にあることです。外壁塗装の保証というものは法律的な強制力を持たず業者が独自に印刷しただけの紙にすぎません。
塗装業者によっては保証適用を逃れるため保証書の裏に制約がたくさん書かれているので見積りや契約の時に確認するのもいいでしょう。
魅力的な年数は書き放題の保証ですが、塗装職人では実際には使えない偽装のような長期年数の表示はしていませんのでしっかり使える保証です。
保証・保険の種類は3種類ございます。それでは1つ1つご紹介します。

外壁塗装中の保険

請負業者賠償責任保険

施工中、安全や近隣の方への配慮はもちろん行っておりますが、工事とは元来、事故の危険や損害を与える事象と常に隣り合わせなものです。
私達塗装職人では、施工中の「万が一」に備え、三井住友海上の「請負業者賠償責任保険」へと加入しております。

外壁塗装の保証

工事後の保険

まもりすまいリフォーム保険(※正式名称:住宅リフォーム瑕疵担保責任保険)

万が一、リフォーム工事に欠陥が見つかった場合にも、保険がサポート。当社では住宅保証機構が提供する「まもりすまいリフォーム保険」へ加入しております。安心してご依頼ください。

まもりすまいリフォーム保険の4つのポイント

欠陥が見つかった場合、登録事業者が無料で補修

もしも、工事後、欠陥が見つかった際、リフォーム登録事業者である当社が保証書に基づき無料で補修致します。
リフォーム登録事業者が負担する補修費用は保険でサポートされるため、お客さまは無料で補修工事を受けられます。

万が一に備える事業者の証

建設業の許可や実績の審査を受けた事業者のみがこの保険を利用できるため、万が一への心構えがある、安心のリフォーム登録事業者の証です。

第三者による現場検査

住宅保証機構より派遣される専門の調査員(建築士) が施工状況を検査。設計施工基準に沿った工事がしっかり行われているか、第三者目線によるチェックが可能です。

業者が倒産しても保険金が支払われる

もしも、リフォーム登録事業者が倒産した場合、補修費用等の保険金はお客さまに直接支払われるので安心。

ご利用方法

お客さまごとに手続きを行うため、加入の可否はお選びいただけます。詳細は担当者へお問い合わせください。

塗装職人の独自保証

外壁最高10年/木部・鉄部5年

施工内容・質に自信をもつ塗装職人では、独自の品質保証をしております。
施工後、万が一、施工箇所に不具合が出た場合、当社では外壁最高10年木部・鉄部に関しては5 年の保証期間を設けております。※保証には条件があります。詳細はお問い合わせください。

施工内容だけでなく、保証の対応にも自信があります。手直しが必要な場合は、遠慮なくご相談ください。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

施工事例

Back To Top