葺き替え工事

屋根の葺き替えは、現状の屋根をはがして新しい屋根材に交換する工事です。
築年数が経過して下地の劣化状態が悪い屋根に対して多く行われるため、下地の野地板も貼りながらその上に屋根材を貼っていくため、ほぼ新築時の屋根工事と同じです。

スレート屋根の葺き替え工程

スレート屋根はカバー工法による施工が多く採用されていますが、現状の屋根より重量を増せないためにという理由もあって葺き替える場合もあります。
築年数がかなり経過して湿気や結露などの影響や雨漏りが頻繁にある場合などは下地の劣化が進んでいることも多く、重さから耐震性に不安がある場合は、野地板の新設ではなく部分補修をしながら葺き替えをすることも可能です。

工程

築年数が経過したスレート屋根

ルーフィングとともに撤去していきます

屋根重量を増させたくない場合は、野地板を新設せず部分補修で施工することも可能です。

遮熱性の強靭で丈夫なスレート屋根材

スレート屋根を葺く

スレートの葺き替えの完成

瓦屋根の葺き替え工程

瓦屋根の葺き替えのメリットのひとつはもしもの地震のための耐震性の強化です。
瓦屋根はかなり重量があるため軽量なガルバリウム鋼鈑屋根等による葺き替えで耐震性への心配も少なくなります。デメリットは他の瓦と比べて撤去と廃材の処理費用が嵩むことです。

工程

1枚3㎏前後の重さがある重量感のある瓦。

瓦を撤去していく。重量かつ枚数があるため瓦の撤去は基本職人の数をそろえて行う

重量と枚数があるため、バッカン(脱着式コンテナ)にて瓦を処分していく。

ルーフィングを貼った上からさらに野地板を貼る

更に野地板の上からルーフィングを貼り、最後に軽量のジンカリウム鋼鈑を取り付け

軽量な屋根に葺き替え

トタン屋根の葺き替え工程

トタン屋根は瓦と同様築年数が経過したお家が多く、ルーフィングだけでなく下地の野地板や心木も長年の結露や湿気によりボロボロとなっていることが少なくありません。下地からすべて交換していわゆる”瓦棒トタン”の形をしたガルバリウム鋼鈑で葺き替えをするため錆に強い頑丈な屋根に生まれ変わります。

工程

築40年になるトタンの屋根

トタンや瓦棒の心木ゃルーフィングを撤去する

下地の野地板を敷き詰めていく

ルーフィングと心木の取り付け

ガルバリウム鋼鈑を貼っていく

完成

セキスイU瓦屋根の葺き替え

アスベスト入りの屋根材もあるU瓦。軽いメリットとの一方で脆いのが弱点のため、和風デザイン系のガルバリウム鋼鈑屋根の葺き替えでひび割れからくる雨漏りの不安も払拭できます。

工程

一時昔に流行ったU瓦

撤去

野地板貼り

ルーフィングを貼る

デザイン性に優れた金属屋根

完成



些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

施工事例

Back To Top