塗装工事業・許認可更新の手続き

ほんとここ最近ですが、天気が秋晴れらしく心も和みますね。

現場もいいまで以上の悪天候を返上すべくこのまま順調に突き進んでくれたら言うことなしです。

何せ8月と10月の雨でおよそ1ヶ月分現場が動いていないと同じですので塗装業を営む者として穏やかではないですし、お客さんにも天気のことはとは言え、申し訳ない気持ちにもなるというものです。特にこの時期は年間を通しても忙しさが増すので、これからの契約ももしかしたら来年の工事になるかもという状況です。

 

ホワイトボードは今後の工事予定ですが、これはほぼ日程が決まっているもの。これ以外は工事は決まっていても日程が曖昧過ぎてまだ張り付けていない工事がたくさんあります。

おかげさまで世田谷の店舗にもお客さんが足を運んでくださったりしてありがたいことです。

11.2

で、本日は建設業許可の更新の手続きです。うちの場合、塗装工事業と、とび土工の3種類が許可されています。審査が結構厳しく、書類も20以上あります。

ハンコを押しては手書きと結構な量をこなしました。

更新

年末まで今日のような天気を望みたいですね。

風邪がちょっと流行っているようなのでお体気を付けてください。

それでは。。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00