神奈川区での屋上防水工事、改修用ドレン設置

株式会社塗装職人ブログ
やっと春だと実感するような暖かな日が続いていますね。
今回の最新工事事例では、昨日(4月14日)に神奈川区で行いました、屋上防水施工の様子をお届けします。
前回は側溝とドレン周りの湿気除去を徹底的に行ったので、この日は改修用ドレンを設置していきます。島田一人での作業となったため、途中の作業写真がありませんがご容赦ください。
2014年4月14日 神奈川区:既存ドレン周り
こちらが既存のドレン周りです。前回、くぼみ部分に溢れるようにたまっていた水は、トーチで炙る作業により蒸発させることができました。設置前にパイプ内に残っている土を取り除いてから施工です。(立上りに見えているグレーの部分はクラック補修をしたところ。)
この既存ドレンの上に鉛の改修用ドレンを被せ、下地の形状に合わせるためにハンマーでたたいて密着させます。このままでは隙間が空いているので、周囲に防水用のシーリング材を充てんして平らにならしました。
2014年4月14日 神奈川区:改修用ドレン設置後
上の写真が改修用ドレンを設置し終えた状態です。下地にぴったり沿うように取付けられました。これでドレンによる漏水の恐れはなくなったのではないかと思います。このあと、ドレン周りに補強布のクロスを重ねてウレタンで密着させていきます。
2014年4月14日 神奈川区:屋上防水施工全景
こちらは作業中の屋上の全体写真です。通気緩衝シートを貼った後、下地と防水層の間に発生する水蒸気を逃すための脱気筒も設置されています。次回から、ウレタンを塗布して防水層の形成に入ります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top