ジョリパットを汚れの残りにくい塗装仕上げに<前編>

塗装職人ブログ

今回の現場は、周辺に緑の多い閑静な住宅街にある洋風住宅です。
一級塗装技能士・塗装指導員の資格を持つ竹山が担当します。

オフホワイトの壁にターコイズブルーの瓦と色合いはシンプルですが、1階正面にはタイル、バルコニーにはジョリパット外壁(デザイン性と耐久性に優れた塗り壁)と、テクスチャーの違う外壁が組み合わされた凝った造りのお宅です。
お客様は外壁の汚れ、特に正面上部の雨だれの汚れを気にしていたので、塗替えに際し、砂骨ローラー(マスチックローラーともいう)を使った汚れの残りにくい塗り替えをご提案しました。

塗装に入る前に、まずは高圧洗浄で家全体の汚れを洗い流します。
緑が多く、公園や道路が近くにある恵まれた環境は、反面、土や砂、排気ガスなどが風に運ばれ汚れが溜まりやすい環境ともいえます。
高圧洗浄で普段の掃除では落としきれない苔や汚れを洗い流すと、隅々まで見違える様にキレイになります。汚れと一緒に古い塗膜も洗い流し、塗装の下準備を整える役割もあります。
屋根は瓦なので今回塗装はしませんが、高圧洗浄で全体の汚れを洗い流しました。

外壁の下塗りを行います。通常は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装で仕上げますが、今回は下塗りを2回行いました。
こちらのお宅のモルタル外壁は深い凹凸のあるテクスチャーで、窪んだ部分に入り込んだ汚れが残ってしまいやすい状態でした。そのため、お客様と相談して、砂骨ローラーでたっぷりと塗料を使って凹凸を慣らして塗替えを行うことに。

軒下の下塗り。上が1度目の下塗りの途中、真ん中と下が2度目の下塗りが終わった写真です。
塗る前と比べて、2度目の下塗り後、モルタルの凹凸がゆるやかになっているのが分かると思います。
この上から中塗り、上塗りを行って塗装を仕上げていきます。


砂骨ローラーを使ったモルタル外壁の下塗りの動画です。

外壁仕上げ・付帯塗装・バルコニー塗替えの後編はこちらから

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top