横須賀市での塗装工事、屋根中塗り2回目とシャッターBox塗装

本日は横須賀久里浜で行った施工風景を載せていきます。
担当職人は自身も横須賀育ち、一級塗装技能士の川口が中心となって進めました。

今回屋根は断熱塗料による中塗りの2回目を行います。まずはダメ込みをして、塗料がまんべんなく付着するように塗り込んでいきます。

横須賀市久里浜:下屋根中塗り2回目ダメ込み

横須賀市久里浜:下屋根中塗り2回目ダメ込み2

こちらは下屋根を塗っているところで、外壁との境目や鉄部の隙間を刷毛で塗り込んで塗膜をつけていきました。細かなところはローラーでは塗りにくいですし、無理に塗布しようとするとその部分が垂れてしまったりするので、こういうところは刷毛で塗るほうがスピーディーできれいに仕上がるのです。

お次はシャッターボックスを塗っていきます。

横須賀市久里浜:塗料缶

使用するのはハナコレクション100ファインというシリコン塗料。サビ止めによる下塗りは完了しているので、中塗りと上塗りをして塗膜を厚くつけていきます。

横須賀市久里浜:シャッターBox塗装後

横須賀市久里浜:シャッターBox塗装後2

途中経過がないのですが、こちらが仕上がったシャッターボックスの状態。シャッター自体はアルミ製のため塗装をしないのですが、ボックスを塗装する際に少しだけシャッターを下ろして塗りやすくしました。

横須賀市久里浜:屋根中塗り2回目完了

横須賀市久里浜:下屋根中塗り2回目完了

屋根は中塗り2回目が完了しました。1回目塗布後は、少し屋根の下地が見えている状態でしたが、2回重ねることで真っ白な厚みのある塗膜が形成されています。

キルコートで塗替えをすると、室内温度が改善されるだけでなく、屋根自体もあまり熱くならなくなるんです。真夏の屋根の上で塗装をしている職人は、地下足袋を履いていても足が熱くなってしまうこともしばしば。ましてや、素手や素足で触れることは危険です。

それでも、キルコートを塗布した屋根は、まるで発泡スチロールを貼ったかのように、熱の伝わりがゆるやかになって素手で触ることもできたと、職人自身も驚いていました。

次回は屋根の上塗りに着手します。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00