シーリング工事のちょっと深い話  

見積もり、営業担当の松尾です。

僕のブログでは何度かお話したシーリング工事ですが、今回はちょっと掘り下げて話してみようかと思います。

シーリング工事(シール工事、コーキングともいいます)は、壁材であるサイディングボードとサイディングボードを接着させる際に必要なものです。(ALC、RC他工事にも重要な項目)

ボードとボードをつなぐ接着剤…というよりは、ボードとボードの緩衝材という方が正しいかと思います。

サイディングの壁は、このシーリングがあるおかげで、ある程度の衝撃が加わっても、シーリング材が力をボードの外に逃がすため、モルタルの壁など力の逃げ場がない一枚壁と比べると非常に外からの力に耐久性のある壁となるのです。

 

シーリング材は一見すると、ボードとボードの間にただ充填しているだけのように見えますが、実はこのシーリング工事には数々の職人としての経験が必要となります。

 

家の構造というのは、非常に複雑なものです。様々な材料を組み合わせて工事し、配線、配管なども埋め込み、それらを最後に覆うように壁や屋根でぐるりと取り囲みます。それゆえにシーリング工事は、内部の構造を無視して壁と壁の間にただ充填しだだけでは、不具合が出てくるのです。

 

今回の写真でご紹介するのは、そんなシーリング工事の技を紹介します。

まずは写真1枚目。

この屋根は、パラペットと呼ばれる陸状になっている屋根なのですが、トップの部分が2層になっています。屋根の一番上部は、笠木と呼ばれる部分で、笠木部分のシーリングはなぜかボコンとちょんまげのように盛り上がった状態に。

通常シーリングは壁からはみ出ないようにきれいに塗り込むのですが、ここはあえて盛り上げてあります。

このシーリングは笠木と笠木をつなぐジョイント部分に施してあるのですが、つなぎ目のためどうしても風や地震、寒暖の差などで動きが出ます。

こうしたジョイント部分に、シーリング材を多めに打ち込み、隙間をあけることで笠木の動きに対応するのです。

 

またこの写真のパネル側面部分を見ますと、シーリングが十字架のように打ち込んであるのがお判りになりますでしょうか。

 

通常であれば全ての目地を塞ぐシーリングが、なぜか十字架に見える部分しか打ってありません。

これはパネル側面に張り付けてあるパネルの四隅全てにシーリングを打ってしまうと、パネルの動きが封じて割れてしまう可能性があるため、あえて上下のパネルのつなぎの縦部分にはしっかりとシーリングを打ち、上下のパネル横部分には少しだけシーリングを噛ませることで、パネルの動きに耐えられるようにしてあります。

 ぱっと見は、なんだか中途半端な施工に見えますが、非常に計算されたシーリングの打ち方なのです。

パネルは地震などの揺れなどで動くので、このような壁面の場合はシーリング材も伸びたら伸びっぱなしになるものを使用することで、パネルの動きについていくことができます。(低モジュラス)

 また、シーリングはメーターで換算して料金を出しますので、無駄なところにシーリングを打たないことでお財布にも優しい施工となっているのです。

では、この屋根を別方向から見てみましょう。

この写真を見ると、またもやパネルの間に十字やT字のシーリングが打ってあります。しかも、シーリングの下部分を見ると、何やら小さな穴が……。

この穴は「水抜き穴」と言い、外壁などの中に入り込んだ水を外に逃がすために細工がしてあります。この小さな穴で、パネルの内部に溜まる雨水を、排出します。

つまり、十字にシーリング材を打って、シーリング材部分から侵入した雨水は、ここから排出されるのです。

雨水は、人が思っているよりもずっと小さい穴からでも入り込み、壁の内部や屋根の内部で水が集まり、出口を探して移動し、出口を無くした水は内部に滞留し木部や鉄部などを腐らせる原因となります。

そのような雨も、きちんと細工すればこの小さな穴から排出することができるのです。

 たかだかシーリング工事で壁に空けた小さな穴ですが、この穴があることでパネルの中を水は通り抜け、水がたまるのをふせぎ雨漏りにならないようすることができます。

 

と、ここまで詳細にお話しましたが、この施工はどのお家でも有効な工事か…というと、そうではありません。

 

家によっては、もっとしっかりとシーリングを打たなければならないこともありますし、他にもシーリングの施工方法はいろいろあります。

職人にさまざまなシーリングや外壁などの知識があることはもちろんですが、本当にその家を知り尽くし対応する、オーダーメイドのようなスタイルがシーリング工事には必要なのです。

 

シーリングは、少し器用な人であれば、壁と壁の隙間に簡単に打ち込めそうに見えます。

現にホームセンターでは、シーリング材(シール材)も売られているので、DIYが得意な人は、ちょっとしたシーリングの剥がれは自分で直してしまいたいと思われるでしょう。

でもシーリング工事は、ただボードとボードの間を埋めるだけではダメなのです。

以前「雨漏りを予防するために」と、劣化したシーリング部分にある隙間という隙間を全てシーリング材で埋めてしまったお客様がいました。その後壁の中に雨水が溜まるようになり、雨漏りに…。原因は、無計画なシーリング材の壁への注入でした。せっかく最初のシーリング施工では劣化しているとはいえ水抜き穴があったのに、お客様自身でそれを塞いでしまったのです……。

ホームセンターで買ったシーリング材で、安く上げたつもりが、結局雨漏りを引き起こし大工事をするはめになってしまいました。

つまりシーリング工事というのは、とても繊細で微妙な加減を必要とする工事なのです。

 

さらに、今日はこんな箇所も撮影してきました。

マンションなどを取り囲む塀の部分なのですが、タイルとタイルの間に1本線でシーリング材が打ってあります。

これは、「誘発目地」として打ってあるシーリングなのですが、壁と壁の間にシーリングで作った隙間あることで、地震などの揺れがあっても力を分散させることができます。

 

他には、ALC(軽量気泡コンクリート)などの壁材もシーリングを使います。

ALCは軽石のような素材の壁材なのですが、東日本大震災の際にはALCに張り付けていたタイルがことごとく落ちてしまう事がありました。

壁材であるALCの板とタイルでは、家が揺れた際に引き起こす動きが異なり、結果ALCとタイルで引っ張り合いが起きてしまい、地震に耐えられなかったのです。

ですので、今ではALCの基本的な板の大きさである3m×60㎝の板と板の間に(これを板間と言います)シーリング材を打ったり、場合によってはタイルにもシーリング材を打ったりすることも。こうして、シーリング材を動きの違う素材に噛ませることで、ムーブメント(揺れを受けた場合による壁材の動き方)の差が似るように処置をします。

ALCの壁材の後ろ側は、水を吸う特性があるのでここでもシーリング材の打ち方は、水の排出方法も考えなければなりません。

シーリングの施工方法によっては、せっかく排出しようと思った水がオーバーフロー(逆流)してしまう場合もあるため、工事の現場では職人としての経験が求められます。

 

今回は、さまざまなシーリング工事についてご紹介しました。

これらシーリング工事は、工事費としては高額です。そのため塗装の際に、シーリングの取り換えを躊躇されるお客様もいらっしゃいます。

でも、壁の構造を考えればこのシーリングは、例えるならば人体の骨と骨をつなぐ関節と同じです。

関節が無くなったり劣化したりすれば、それが大きな不具合を引き起こすのは誰が考えても分かることでしょう。

またシーリング工事は、ただ業者に頼めばいいわけではありません。

本当に家の構造のことや外壁の相性などを知っている職人や業者に依頼をしないと、せっかくのシーリング工事が雨漏りの原因になることも。

どうか、シーリング工事を判断する際にはネームバリューや値段ではなく、技術を見て下さい。

きちんと工事費をかけ、経験をしっかりと持った防水職人に出会えれば、外壁や屋根はより強固なものとなるのです。

こちらシーリングの動画です。

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top