塗装職人では、外壁塗装と関係ない箇所についてもご相談にのります

一戸建ての外壁塗装を依頼する際に、塗装工事ができる箇所とできない箇所があることをみなさんご存じでしょうか?
塗料というのは、ホームセンターで売っているものから業者用の各種メーカーの塗料まで、すべてに共通していることですが、塗ることのできる素材と塗ることに向かない素材があります。
ことにアルミ素材などは、あまり塗装することに向いておらず、実際塗装工事をする際にも、アルミサッシの窓枠などは塗りません。
今回は、塗ることができない箇所のご依頼があった際に、どのようなことが塗装職人にできるのか、そして塗装職人の目指す工事とはどんなものなのかお話しできればと思います。

塗装工事で塗れる箇所と塗れない箇所とは

塗装職人が工事できるのは、屋根や壁の塗装を中心とした塗料を塗ることができる箇所です。
家というのは、左官や板金、シール、サッシなどさまざまな職人技が複合されてできていますので、塗装ができない箇所もあります。
しかしお客様としては、せっかく外壁や屋根がきれいになるのだから、擁壁やポストなども全部きれいにしたいと思われるでしょう。
お見積もりなどに伺った際に、一番ご相談を受けるのが玄関や擁壁などにあるポストなのですが、実はこのポスト塗装できないものがほとんどなのです。
最初に少し触れましたが、アルミやステンレス素材は塗膜の密着が悪く、数年経つと剥がれてきてしまいます。
こうした塗装出来ない箇所について、塗装職人では的確なアドバイスやご提案が可能です。

塗装できない箇所は最適な方法をご提案

今回のお客様も、お見積時に壁と屋根塗装以外に、ポストの塗装をお願いできないかとご相談頂きました。
ポストはステンレス製のもので、ダイノックシートが張り込んでありました。
ダイノックシートは、10数年経ったためにコーティングが剥がれ見るも無惨な姿に…。


たしかにこのポストの状態では、せっかく外壁がきれいに塗り上がったとしても1点だけ汚点が残る状態になってしまうでしょう。
とはいえ、この小さな箇所のためにダイノックシートなどをはる職人を呼んで作業をしてもらえば、工事費用がグンと高くなってしまいます。
他にもステンレス製のドアなどがあって、1日がかりになりそうな工事箇所があるのであればいいですが、あまりにも費用対効果が悪いと思いました。
もろもろご説明した上で、お客様にステンレス製ポストゆえに、塗装ができないことをお伝えし、ホームセンターなどでダイノックシート施工などのご相談してみてはどうですか…とご提案を。
その後すぐにお客様がホームセンターに相談したところ、ポストの工事は10万円という見積もりが出てきたのだそうです。
あまり安いとはいえない金額に、何か別の方法がないかと考えていたところ、ちょうど近くで話を聞いていた職人の原本から提案がありました。
「ダイノックシート施工職人としてプロではないが、それでよければ張りましょうか?」と。
原本は塗装の職人としては一級塗装技能士ですので、腕はピカイチです。
しかし、そうはいってもダイノックシート施工職人ではありませんので、本来であれば原本に菊池の方から「ダイノックシートを張ってくれ」と指示することはできません。
なぜかというと、ある意味和菓子職人に「クッキーを焼いてもらえない?」とお願いするようなものだからです。菓子を作っている…という点から考えれば、大きくは同じジャンルであるものの、和菓子とクッキーでは材料から作り方までがいろいろ違います。
それですので、菊池から専門外の職人に無茶な指示はすることはできないのです。
このような原本からの提案に、お客様は非常に喜んでくださり施工させていただくことに。
ただしあくまでもプロとしてお引き受けする仕事ではないので、サービスの一環として行わせていただきました。

ポスト ダイノックシート施工方法

それではここで、ポストへのダイノックシート施工についてご紹介いたします。
原本は、普段から新しい技術についていろいろと調べている勉強熱心な職人です。そのためダイノックシート施工についても、詳しく調べて自分でもいろいろ試していました。

まずはお好み焼きのヘラのような、スクレーパーと呼ばれる道具で汚れをそぎ落とし、ダイノックシートを取り除きます。
このとき、ポストについた飾りも取り外しました。


スクレーパーでそいでも、ダイノックシートを張り込んだプライマーは落ちませんのでシンナーを使ってきれいにプライマーを除去。
その後、表面をきれいに拭いてからプライマーを塗り、新しいダイノックシートを張り込み、とっておいた飾りをつけて完成。
結果、このようにきれいに仕上がり、お客様は仕上がりにご満足頂け、非常に喜んでいただけました。

 

お客様と職人と塗装職人として満足のいく工事とは

工事完了後、お客様は外壁も屋根も、そして玄関のポストもきれいになったのを見て、非常に満足されていましたので、菊池も嬉しく思いました。
やはり、この塗装工事という仕事はお客様の満足と私たち業者の満足があって初めて良い工事になるのだと思います。
先日のブログでも書きましたが、菊池は見積もりに伺う際に必ず早めに現場到着して、お客様のお宅のご近所を見て回ります。建て売りなど、似たデザインのおうちであれば特に。
というのも、建て売りのお客様の場合、壁や屋根だけでなく装飾まで非常に似ているお宅が多いからです。
どのような箇所を塗装しているかリサーチをして、もしもこうしたポストやドアなども塗装されている場合は、お見積もりの際にご説明が出来るようにしています。
なぜなら、隣近所の方がしていらっしゃる外壁塗装は、我が家の塗装をする際の一番の基準となるからです。
塗装工事とは関係のない箇所だとしても、家に必要な工事であれば大抵のことはお答えできる。それが塗装職人見積もり担当のプライドなのです。

ダイノックシートの工事例です

ダイノックシートでプチリフォームを

お客様に満足していただける工事のために

菊池は、いつでもお客様が望む施工をできる限り実現できるようにと考えています。
もちろんお見積もりさせていただくにあたって、なんでも闇雲に提案をするわけではありません。
工事のトータルバランスとコストを考え、完工後にお客様が満足していただけるようにご提案することが大切なのです。
これからも今回の現場のように、お客様そして塗装職人のスタッフ両者に達成感のある施工ができるよう精進いたします。

菊池
見積りで大切なのはお客様宅を把握すること。ご要望をうかがい図面を精査し、最適な工事を提案します。高い技術とサービスをご納得いただけるよう、いつも心がけています。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top